2020年 11月 25日 (水)

にじさんじ、明かした「金魚坂めいろ」契約解除の詳細 発端は「なまり」と「魔界なまり」...他VTuberの「暴露」も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   VTuber(バーチャルライバー)プロジェクト・「にじさんじ」を運営するいちから(東京都千代田区)は、所属ライバー「金魚坂めいろ」さんとの契約解除の経緯について2020年10月21日に発表した。

  • 画像は金魚坂めいろさんのユーチューブから
    画像は金魚坂めいろさんのユーチューブから
  • 画像は金魚坂めいろさんのユーチューブから

似た「なまり」で世界観が崩れることから差別化を図りたいとの意向

   6月に所属ライバーとしてデビューした金魚坂さんは、9月3日から活動を休止していた。24日には配信にて事情を説明し、「嫌がらせの域に届いてしまいそう」なことがデビュー直後から起きていたことを語ったが、具体的に何があったかは明言しなかった。

   その後の10月19日、金魚坂さんの違反行為を起因とする契約解除がいちからより発表されたが、ここでも事実関係については明らかにされず、ファンの間では憶測と混乱が広がっていた。J-CASTニュースも20日、取材を申し込んでいたが、21日夜までに回答はなかった。その後、J-CASTニュースの記事が公開された約1時間半後、いちからは「にじさんじ」公式ツイッターアカウントを更新し、説明を求める声に応える形で、「可能な範囲」で経緯を説明した。

   それによれば、発端としては所属ライバー「夢月(ゆづき)ロア」さんと「なまり」の被りがあったのだという。

「7月下旬、夢月ロアから『金魚坂めいろの配信における、夢月ロア特有のなまりに似た口調を可能な限り訂正して欲しい』との要望を受けました。本人曰く、夢月ロアの口調は現実に存在する『方言』や『なまり』に依拠するものではなく、自らが創作した世界観の『魔界』特有の『なまり』であることから、他者が『魔界なまり』に似たなまりを使用することで『魔界』出身という夢月ロアの世界観が崩れることから差別化を図りたいとの意向によるものです」
「一方で、同時期に金魚坂めいろから、当社に対して『金魚坂めいろの口調は育った環境から身に付いた本来の方言であり、配信にて緊張してしまう中で自然と話してしまうものであるため、意図的に夢月ロアのなまりを真似しているわけではない』という説明がありました」
「そうした状況が続く中で、金魚坂めいろより、当社の公式声明として金魚坂めいろの口調は模倣ではない旨を発表することを要望するとともに、この発表がなされないのであれば、にじさんじから『卒業』する、との連絡を受けました」
「しかし、当社としては、所属バーチャルライバー同士の関係性について公平な姿勢をとる必要があり、夢月ロアならびに金魚坂めいろ双方に折衷案を提示するとともに、金魚坂めいろが希望するような公式声明を発表することで事態が改善することはないと判断し、上記公式声明の発表は実施しないことといたしました」

   こうした公式発表の不実施を受けて、金魚坂さんは9月上旬に1回目の契約解除を申し入れたとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中