2021年 1月 17日 (日)

中国に「しっかり主張」韓国は「健全な関係に戻すべく...」 菅首相の所信演説、安倍時代から変わるトーン

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

2020年1月の施政方針演説でも前向きな表現多かった

   20年1月20日の施政方針演説でも、比較的両国については前向きな表現が多かった。

「日本と中国は、地域と世界の平和と繁栄に、共に大きな責任を有しています。その責任をしっかり果たすとの意志を明確に示していくことが、今現在の、アジアの状況において、国際社会から強く求められています。首脳間の往来に加え、あらゆる分野での交流を深め、広げることで、新時代の成熟した日中関係を構築してまいります」
「韓国は、元来、基本的価値と戦略的利益を共有する最も重要な隣国であります。であればこそ、国と国との約束を守り、未来志向の両国関係を築き上げることを、切に期待いたします」

   20年10月26日午後の加藤勝信官房長官の記者会見では、演説の日韓関係についての書きぶりの変化に関する質問も出た。加藤氏は日韓関係について

「安倍政権から菅政権にかけて一貫している」

とした上で、

「演説全体のバランス、最近の外交情勢、そういうものを総合的に勘案して、今回、こうした表現になった」

と述べるにとどめた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中