2020年 11月 26日 (木)

田澤指名漏れで「ドラフト枠にとらわれなければ...」 球界関係者が指摘する「厳しい現実」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の2020年度ドラフト会議が2020年10月26日、都内で行われ、元メジャーリーガーで独立リーグのルートインBCリーグ埼玉でプレーした田澤純一投手(34)が12球団の指名から漏れた。「田澤ルール」が撤廃され、34歳の「新人」誕生に大きな注目が集まったが、まさかの指名漏れとなった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

メジャーでの豊富な経験評価も...

   今回のドラフト会議においてドラフト1位候補に並んで注目を集めたのが田澤だ。ワールドシリーズ制覇に貢献した元メジャーリーガーの34歳をどの球団が指名するのか。それとも指名から漏れてしまうのか。メジャーから日本の独立リーグを経て日本球界入りを目指した田澤は色々な意味で注目された。

   田澤の指名に関しては、中継ぎ陣の補強が必要な球団がリストアップしていたと見られていた。メジャー通算388試合(21勝26敗4セーブ)に登板した実力者でもあり、メジャーでの豊富な経験も評価の対象となっていたが、34歳という年齢が大きなネックになったとみられる。

   横浜商大高から社会人野球の新日本石油ENEOSに進んだ田澤は、2008年のドラフトで複数球団の上位指名が見込まれていた。だが田澤はメジャーリーグ挑戦の意志を表明してドラフト指名を拒否。これを受けて、有望な若い選手の海外流出防止策として設けられたのが通称「田澤ルール」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中