2021年 5月 8日 (土)

「不妊の一番の理由は堕胎」デヴィ夫人発言が物議 「事実と異なる」番組謝罪も、本人は反論

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「原因の9割9分は堕胎」発言の数字は、誤りだと認める

   出演者から「ご高齢になられてからも、お子様を持ちたいという方々もたくさんいらっしゃる」と話があっても、デヴィ夫人は、遮るようにしてこう話した。

「本当に不妊の方いるかもしれない。でも、ほとんどの原因、9割9分はもう堕胎です。全員堕胎です」

   これに対し、番組アナが「堕胎が悪ということではないですからね」と口をはさみ、この話題から逸らした。

   しばらく時間が経ってから、デヴィ夫人が「さきほど私が...」と切り出し、番組アナが「後で入りますね」と遮ったが、デヴィ夫人は納得せず、「すみません、ちょっとその前に私が一言申し上げたい」と発言した。

「数字に誤りがあったようなので、こちらで謝らせていただきます。失礼いたしました」

   数字とは、不妊の原因は堕胎が9割9分ということを指すらしい。すると、番組アナが次のように謝罪の言葉を述べた。

「先ほどのことなんですけれども、では、私から申し上げます。先ほど不妊治療の保険適応拡大の話題について、事実と異なる発言がございました。不快に思わせた方々にお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした」

   しかし、その途中からデヴィ夫人が口をはさみ、「事実とは異ならないです」と強く反論した。そのうえで、「数字が違っていたかもしれません。それは謝らせていただきます」と弁明した。

   番組アナ3人は、それには構わない様子で、最後に「失礼しました」と言って頭を下げていた。

   番組の放送後には、不妊症の患者とみられる人たちから、デヴィ夫人の発言にツイッター上などで非難が相次ぎ、医師からも、不妊の一番の理由は中絶だとする主張は事実と違うと指摘が出た。

   この点について、厚労省の母子保健課では10月26日、J-CASTニュースの取材にこう話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中