2020年 11月 27日 (金)

イエス・キリストも「あだ名」つけていた! 「あだ名禁止」特集めぐりツイッターに意見いろいろ

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2020年10月28日に放送されたTBS系情報番組「グッとラック!」で、クラスメートをあだ名で呼ぶことを禁止する小学校が増えているとの特集が組まれ、話題を呼んでいる。

  • あだ名についての見方はいろいろ(イメージ)
    あだ名についての見方はいろいろ(イメージ)
  • あだ名についての見方はいろいろ(イメージ)

「人間関係の深まりを支援するものだとも思う」

   番組では、タレントの中川翔子さんがあだ名にまつわる自らの経験について、中学時代に胃が悪く嘔吐することもしばしばだった中川さんにつけられたあだ名が「ゲロマシーン」であり、投稿できなくなるほどのいじめに苦しんでいたと語った。しかし、現在多くの人に知られる「しょこたん」のあだ名で救われたことも多いとし「あだ名禁止」には反対していた。

   ツイッター上でも、多くの人々がこのニュースに反応。著名人たちもそれぞれの持論を展開している。

   声優の諏訪部順一さんは「『あだ名禁止』について色々と読む。呼ばれた当人が蔑称と感じるモノはやはりNGだと思うけど、双方親しみを感じるようなものはむしろあった方がいいとも思う。ひとつのルールですべてを縛るべきものとそうでないもの。後者の運用は基本、性善が前提になるワケだけど...優しくありたいものです。」として、親しみを持って呼び合うあだ名については肯定する姿勢を示した。

   また、脳科学者の茂木健一郎さんも「あだ名は、自然発生的に生まれるものだから、人間関係の深まりを支援するものだとも思う。もちろん、悪意や中傷のあだ名は困るけど」として、あだ名で生まれるコミュニケーションについて言及した。茂木さんは「ちなみに、ぼくは『もぎけん』とか『もぎもぎ』とか『けんけん』とか言われていた(笑)」と自身のあだ名をツイートし、フォロワーから「『もぎもぎ』かわいい」との反応もあるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中