2021年 1月 16日 (土)

台湾でも「鬼滅の刃」ブーム 映画館では「1日57本」上映、政治家の禰豆子コスプレも...

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「日本よりも過密ダイヤになっとる」

   台湾の「鬼滅ブーム」に対し、日本のファンが特に驚きをもって受け止めているのが、現地映画館での1日の上映数だ。日本では「TOHOシネマズ新宿」が10月16日の公開初日に42本も「鬼滅」を上映。あまりの高頻度に「電車の時刻表のようだ」と話題になったことが記憶に新しい。

   しかし、台湾ではその「上」を行く映画館がある。例えば、台北市にある「台北信義威秀影城」では公開初日の30日に43本(以下、深夜含む)を上映。この時点でも「TOHOシネマズ新宿」の初日を上回っているが、翌31日はさらに多い46本を上映予定だ。

   桃園市にある「桃園統領威秀影城」に至っては、公開初日になんと57本も「鬼滅」を上映。タイムスケジュールを見ると、朝8時15分に1本目が上映されると、その後は10〜20分間隔で深夜1時20分まで上映が続く。31日、1日も同様に57本の上映を予定している。

   台湾での「飛ばしぶり」に、日本のツイッターユーザーからは「まさかこっちも電車の時刻表みたいとは」「日本よりも過密ダイヤになっとる」と驚きの声が聞かれている。

『集結鬼滅迷 鬥陣來殺敵』 這週六(31)就是...

李妍慧 Yen Hui Leeさんの投稿 2020年10月28日水曜日

#金山金閃閃萬聖節???????????? 以往 #金山附幼在萬聖節前會帶著小朋友們來公所領取糖果???????????? 今年考量天氣因素, 由 #鬼滅之刃炭治郎 區長與最強夥伴 #我妻善逸...

新北市金山區公所さんの投稿 2020年10月29日木曜日
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中