2021年 1月 17日 (日)

韻踏む日経「ラップ見出し」、現役ラッパーどう評価? 崇勲「文字だけ並んでるのを見ても...」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

バチスタ「ビート付けたら速攻で曲になりますよ」

   15年9月から20年7月1日未明まで放送されていたラップバトル番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系)にレギュラーとして出演していたことがある崇勲さんは

「ラップは歌唱方法の1つなので文字だけ並んでるのを見てもラップかどうかとかの判断は出来ないと思うので何とも思わないです」

とコメント。文字だけでは判断はできないとの考えを示した。

   一方、ツイッターでは約1万人のフォロワーを抱え、ラップバトルやライブで活動しているバチスタさんは、「パソコン苦境、見えぬ展望 東芝・富士通・VAIO統合」の見出しについて

「韻も踏んでるし、字数がパーフェクトですよ。五・七・五みたいにキレイに聞こえる文の構成ってあるじゃないですか。そういう感覚で、字余りがないというか」
「これもうビート(BGM)付けたら速攻で曲になりますよ。カッコいいかダサいかは置いといて。すごいなこれ」

とコメント。最新の「『バイト』で強盗、若者急増 犯罪組織の誘い巧妙」という見出しについても、「これを読んだらラップしてることになりますよ。歌詞カードみたいなもんですよ」とした。

   最後に、これらの見出しがラップとして成立しているか改めて尋ねたところ、

「余裕で成り立ってます」

と回答。反応はそれぞれ異なるが、ラップとして見るラッパーもいることがわかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中