2020年 11月 25日 (水)

高校生に「eスポーツ」浸透進む 盛り上がる大会、教育現場にも...企業も積極支援

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   今年で3回目を迎える全国高校eスポーツ選手権が、2020年11月14日に開幕する。開催種目は「ロケットリーグ」及び「リーグ・オブ・レジェンド」の2部門となっており、予選大会を経て2021年3月に決勝大会が予定されている。

   今年度は新型コロナウイルスの影響で決勝まで含めてすべてオンラインでの開催となったが、すでに数多くのチームがエントリーを果たしている。第1回は153チーム、第2回は222チームが参戦し、熱い戦いを繰り広げた大会に、果たして第3回は何チームが参戦するのか注目が集まるところだ。

  • 全国高校eスポーツ選手権公式サイト。今回も熱戦が期待できそうだ
    全国高校eスポーツ選手権公式サイト。今回も熱戦が期待できそうだ
  • 全国高校eスポーツ選手権公式サイト。今回も熱戦が期待できそうだ

高校対抗大会に多くの視聴者が

   高校生を対象とした大会は、他にも存在している。高校対抗のeスポーツ全国大会「STAGE:0 2020」は9月に決勝大会が開催され、4日間のライブ配信視聴者数747万人という驚くべき数字を叩き出し、高校生のeスポーツ大会を視聴する文化が根付きつつあることを明らかにした。

   日本各地の高校ではここ数年の間にPCの学習機会を増やす、チームプレイを通じて協調性を高める効果などの理由から多くのeスポーツ部が立ち上げられている。また、通信制高校の中にはeスポーツ科を設立し、新世代のeスポーツプレイヤーや運営者の育成を進めるところも出始めており、若い世代へのeスポーツの定着は確実に進んでいる。

   eスポーツに必要な機材は高価な物も多いが、ハイエンドPCレンタルの株式会社サードウェーブは高校のeスポーツ部支援プログラムとして高価なゲーミングPCと光回線を1年間無償でレンタルするなど、企業側からも高校生に対する支援が積極的に行われている(すでに申し込みは終了)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中