2021年 1月 16日 (土)

原巨人がリーグ連覇を達成した理由 元コーチ「組織はトップの力量以上には成長しない」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

「組織はトップの力量以上には成長しない」

   橋上氏は現役時代に故野村克也氏の指導を受け、楽天では野村氏の右腕としてヘッドコーチを務めた。橋上氏はヤクルトでプレーした現役時代、野村氏の「威厳」を肌で感じ、自身の成長につながったという。

「私の現役時代は野村監督に話しかけることが出来なかった。練習中も常に監督の目を気にしていました。全力疾走を怠ったらすぐに外されるので手を抜けない。適度なストレスを与えられているので、集中力を切らすことはなかった。それが勝負所でのプレーに反映される。普段からそのような環境下でやっているので、ある程度の緊張状態が当たり前になってくるのです」(橋上氏)

   また、橋上氏は今シーズンの巨人の戦いぶりをみて、野村氏の言葉を思い出したという。

「組織として勝つためには、組織のトップの力量が必要となる。野村監督は『組織はトップの力量以上には成長しない』とよくおっしゃっていました。今シーズンは野村監督の言葉を痛感しました。優勝するには選手の力量はあるが、一番の違いは監督の違いだと改めて思ったシーズンでもありました」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中