2020年 11月 26日 (木)

元FC東京・石川直宏さん「え!?憲剛さん引退??」 中村憲剛引退に広がる驚きと惜別の声

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   J1・川崎フロターレのMF・中村憲剛選手は2020年11月1日にクラブのYouTubeチャンネルで会見を開き、今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

   Jリーグを長年支えてきた「レジェンド」の引退に、かつて日本代表で戦った仲間や、同じ神奈川県川崎市を本拠地とするプロスポーツクラブからも惜しむ声が聞かれている。

  • 引退会見でクラブのマスコット「ふろん太」と肩を組む中村選手(川崎フロンターレ公式YouTubeチャンネルより)
    引退会見でクラブのマスコット「ふろん太」と肩を組む中村選手(川崎フロンターレ公式YouTubeチャンネルより)
  • 引退会見でクラブのマスコット「ふろん太」と肩を組む中村選手(川崎フロンターレ公式YouTubeチャンネルより)

16年にはMVP獲得

   中村選手は03年に当時J2だった川崎へ入団。ルーキーイヤーから主力として出場を重ね、06年にはJ1で2桁得点を記録した。16年にはJリーグMVPを獲得し、17年、18年にはクラブのJ1制覇に貢献した。入団から現在に至るまで川崎に在籍を続ける「フランチャイズプレーヤー」だ。

   今シーズンはケガの影響などでここまで5試合の出場にとどまっているが、それでも10月31日の清水エスパルス戦では自身40歳の誕生日を祝うゴールを決めるなど、健在ぶりをアピールしていた。しかし11月1日、中村選手はクラブのYouTubeチャンネルで会見を開き、今シーズン限りでの引退を発表した。

   引退理由について中村選手は「35の誕生日を迎えた時に、『40』というところで区切りを付ける(と考えた)。残り5年を、目の前の1年、1年を勝負に頑張ろうと思っていた。36でMVPをいただいて、37で初優勝して、その次の年は連覇して。去年はルヴァンカップ(を制覇した)。『40で終わる』っていう終着点が見えてきたところで、前十字(靭帯)を切った。リミットを決めていた段階で前十字(靭帯)を切ったので、これはなんとしても復帰して、プレーをみなさんに見せて引退するんだと(決めた)」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中