2020年 11月 26日 (木)

HKT48、専用劇場「復活」と変わる福岡の景色 10年目へ向け「たくさんの人を笑顔に」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   福岡市を拠点に活動するHKT48にとって4年半ぶりとなる専用劇場が2020年11月2日に開業し、こけら落とし公演のリハーサル(ゲネプロ)が関係者に公開された。

   かつて専用劇場があった場所の近くでの劇場復活とあって、メンバーからは「おうちに帰ってきて『ただいま!』という気持ち」という声もあがった。公演では、デビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」(13年発売)から最新曲の「3−2」(さんひくに=20年発売)まで、歴代シングル全13曲をフルコーラスで披露。発足からの9年間の歩みを振り返った。

  • 新劇場のこけら落とし公演では、歴代シングル曲13曲をフルコーラスで披露した。写真は20年4月発売の「3−2」(さんひくに)
    新劇場のこけら落とし公演では、歴代シングル曲13曲をフルコーラスで披露した。写真は20年4月発売の「3−2」(さんひくに)
  • 1曲目はデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」(13年発売)。発売時にセンターだった田島芽瑠さんが新劇場で最初にセンターに立った
    1曲目はデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」(13年発売)。発売時にセンターだった田島芽瑠さんが新劇場で最初にセンターに立った
  • 「12秒」(2015年発売)
    「12秒」(2015年発売)
  • 「しぇからしか!」(2015年発売)は豊永阿紀さんがセンターを務めた
    「しぇからしか!」(2015年発売)は豊永阿紀さんがセンターを務めた
  • 「早送りカレンダー」(2018年発売)
    「早送りカレンダー」(2018年発売)
  • 「早送りカレンダー」(2018年発売)
    「早送りカレンダー」(2018年発売)
  • 「意志」(2019年発売)
    「意志」(2019年発売)
  • 新劇場のこけら落とし公演では、歴代シングル曲13曲をフルコーラスで披露した。写真は20年4月発売の「3−2」(さんひくに)
  • 1曲目はデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」(13年発売)。発売時にセンターだった田島芽瑠さんが新劇場で最初にセンターに立った
  • 「12秒」(2015年発売)
  • 「しぇからしか!」(2015年発売)は豊永阿紀さんがセンターを務めた
  • 「早送りカレンダー」(2018年発売)
  • 「早送りカレンダー」(2018年発売)
  • 「意志」(2019年発売)

1曲目はデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」

   HKT48にとって専用劇場は2代目。初代劇場はグループが発足した11年11月、福岡ソフトバンクホークスの本拠地、ペイペイドーム(中央区)に隣接していた商業施設「ホークスタウンモール」に開設されたが、同施設の再開発で16年3月に閉鎖。16年4月から西鉄ホール(中央区)など市内3か所の貸しホールを拠点に活動してきた。2代目劇場の開設は18年11月の7周年記念特別公演で発表され、当時発表された開設の時期は「2020年春」だった。それがコロナ禍の影響でずれ込んでいた。

   新劇場は、ペイペイドーム隣のエンターテインメントビル「BOSS E・ZO FUKUOKA」(ボス イーゾ フクオカ)の1階に入居。20年7月に西日本シティ銀行がビルを管理するホークス側と命名権(ネーミングライツ)契約を結び、劇場名は「西日本シティ銀行 HKT48劇場」になることが決定。その後も証明や音響の工事が進み、開業にこぎ着けた。

   「BOSS E・ZO FUKUOKA」自体は7月に開業しており、HKT48劇場の開業で、ビルとしても全面開業した。

   こけら落とし公演の1曲目は、デビューシングルの「スキ!スキ!スキップ!」。発売時にセンターだった2期生の田島芽瑠(たしま・める)さん(20)が、当時の衣装を着て新劇場で最初のセンターに立った。田島さんは、デビュー当時を思い出して

「衣装がなつかしくて...!8年ぶりぐらいに着た衣装もあるんですよ。12歳ですよ?私、このとき」

と感慨深げだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中