2020年 11月 25日 (水)

井上尚弥「対戦候補」は...? 専門家が分析「最も脅威はリゴンドー」「カシメロは穴だらけ」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=の次戦に注目が集まっている。井上は2020年10月31日(日本時間11月1日)に挑戦者ジェイソン・モロニー(29)=オーストラリア=を7回KOで下し王座の防衛に成功。今後は4団体統一へ向けて動くとみられるが、井上を脅かす「挑戦者」は現れるのか。J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に対戦候補となるボクサーを分析してもらった。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

カシメロ、ウバーリ、ドネアの名が上がるも...

   井上の次期挑戦者候補として有力視されるのが、WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)だ。当初、4月25日に3本のベルトをかけて井上と対戦する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で試合が延期。その後、両陣営による交渉がまとまらず、カシメロは9月26日に3度目の防衛戦を行い、デューク・ミカ(ガーナ)を3回TKOで下した。

   井上が標的とするもうひとつのWBCの王座は、12月12日にタイトル戦が予定されており、王者ノルディ・ウバーリ(フランス)にノニト・ドネア(フィリピン)が挑む。王者ウバーリが勝利すれば、実弟・井上拓真の敵討ちという構図が出来上がり、ドネアが勝利すれば2019年11月以来のリマッチとなる。いずれにせよ話題性は十分で、国内外から注目されるタイトル戦になることは必至だ。

   カシメロ、ウバーリ、ドネアらが対戦候補に挙がる中、WBA世界バンタム級レギュラー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)が井上戦に向けてアピールを続けている。WBAのバンタム級は井上がスーパー王者に君臨しており、リゴンドーはレギュラー王座の座に就いている。王座の格で言えば、スーパーがレギュラーの格上であるため、井上陣営がリゴンドーとの王座統一戦に魅力を感じないのも当然だろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中