2020年 11月 27日 (金)

「8歳男児のバイク」で重傷事故... 免許なしでも運転可なぜ?過去には死亡例も

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   群馬県大泉町内の利根川河川敷で、オフロードバイクを運転していた男児(8)が前を横切ろうとした女児(6)と衝突し、女児が重傷を負う事故があり、子供が河川敷でバイクを乗っていたことにネット上で驚きの声が上がっている。

   散歩などで人が通るような場所でも、バイクを運転できるのだろうか。河川敷を管理する国交省の利根川上流河川事務所に話を聞いた。

  • 子供でも運転できるが…(写真はイメージ)
    子供でも運転できるが…(写真はイメージ)
  • 子供でも運転できるが…(写真はイメージ)

通常は、人や車が入らないクローズされた場所で走る

「サーキットじゃなくて河川敷かよ」「免許取る前にもう交通事故」「一般人の居る場所で乗ったら危ない」...

   男児が起こした事故について、フジテレビや日本テレビが2020年11月4日、ウェブ版ニュースでも報じると、コメント欄などでは、こんな声が寄せられた。

   それらの報道によると、男児は3日13時ごろ、河川敷の道幅3.3メートルの砂利道を子供用オフロードバイクで走っていて、右側から歩いて前を横切ろうとした女児と衝突した。この事故で、女児は、左足の骨を折る重傷を負い、男児も、額や足に軽いケガをした。

   2人とも、両親と遊びに来ていて、知人同士の同じグループだった。

   男児が乗っていたのは、ガソリンエンジンを搭載したモーターバイクで、自分でスピードの調節もできたという。男児は、何度か運転経験があった。どれくらいのスピードを出していたかは不明といい、群馬県警の大泉署が事故の状況を調べている。

   子供用バイクは、免許がなくても運転できるが、公道を走ることはできない。通常は、人や車が入らないクローズされた場所で走ることになっている。

   河川敷管理者の利根川上流河川事務所の副所長は5日、現場の砂利道にバイクが入れるかについて、J-CASTニュースの取材にこう話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中