2020年 11月 27日 (金)

古田敦也氏に「楽天監督」待望論 4位の三木氏には「配置転換」検討も...来季陣容なお不透明

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   楽天の「監督去就問題」が注目されている。今季から就任した三木肇監督は2年契約の1年目。本来ならば来季も続投の予定だったが、55勝57敗8分とクライマックスシリーズ進出はならず、2年ぶりのBクラスが決定したことで雲行きが怪しくなった。

   楽天のスポーツ紙番記者はこう語る。

  • 監督候補に名前が挙がる古田敦也氏は、三木谷浩史オーナーとイベントで対談したことも(2019年。写真:つのだよしお/アフロ)
    監督候補に名前が挙がる古田敦也氏は、三木谷浩史オーナーとイベントで対談したことも(2019年。写真:つのだよしお/アフロ)
  • 監督候補に名前が挙がる古田敦也氏は、三木谷浩史オーナーとイベントで対談したことも(2019年。写真:つのだよしお/アフロ)

「カリスマ性を持った監督」求める声

「球団内で三木監督を生かせるポジションがどこなのかという議論になっているそうです。コーチ経験が豊富なことから育成能力に長けて人心掌握術も巧いですが、今年の楽天は一体感がないように見えた。浅村栄斗、鈴木大地、涌井秀章、ロメロ、牧田和久と目立ったのは他球団から移籍した外様の選手ばかり。ドラフト1位で入団したルーキーの小深田大翔の活躍は大きな収穫でしたが、生え抜きの選手たちの名前が出てこないのが寂しい。選手を束ねられるカリスマ性を持った監督が長期政権でチーム作りをした方が良いように感じます」

   石井一久GMが18年9月から編成部門を統括する責任者として就任以来、派手な補強を敢行しているが、結果に結びついているとは言えない。18年に監督代行を務め、昨年は球団の生え抜きで史上初の監督に就任した平石洋介(現ソフトバンク1軍打撃兼野手総合コーチ)が前年度の最下位から3位に躍進したにも関わらず1年限りで退任した際は、楽天ファンから石井GMに反発の声が殺到した。

   新監督にヤクルトでチームメートだった三木監督を2軍監督から抜擢し、13年以来7年ぶりのリーグ優勝を狙った今季だが、接戦での弱さが目立った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中