2020年 11月 25日 (水)

井上尚弥を挑発するリゴンドー 技術は世界屈指、対戦「熱望」も専門メディアの評価は...

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の次戦に注目が集まっている。4団体の王座統一を目指す井上にとって、WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)とWBC世界バンタム級王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)が当面のターゲットとなる。ウバーリは12月12日(日本時間13日)にノニト・ドネア(フィリピン)を相手に防衛戦を控えており、試合結果によって状況が変わってくる。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

ビッグマッチから遠ざかり試合枯れ嘆くも...

   世界のバンタム級戦線は井上を中心に回っており、他団体王者はビッグマネーが見込める井上との対戦を望んでいる。次戦の有力候補であるカシメロはSNSを通じてことあるごとに井上を挑発し、自身の存在感をアピールしている。そしてカシメロ同様にSNS上で井上を挑発しているのがWBA世界バンタム級レギュラー王者ギレルモ・リゴンドー(キューバ)だ。

   カシメロに関しては、一度は井上との王座統一戦が決まったものの新型コロナウイルスの影響で試合が延期、中止となった経緯もあり、統一戦の可能性は現実的である。米国内で井上をプロモートするトップランク社のボブ・アラム氏の口からもたびたびカシメロの名が出ており、交渉の余地は十分にあるだろう。その一方でリゴンドーといえば、自身の試合枯れを嘆くばかりでここ数年ビッグマッチから遠ざかっている。

   現在、世界の主要4団体においてバンタム級の世界王者は井上を含めて4人存在する。井上がWBAスーパー王座とIBF王座を保持し、WBOはカシメロ、WBCはウバーリがベルトを巻いている。ここにWBAレギュラー王者のリゴンドーが入ってくるわけだが、WBAにはスーパー王者の井上とレギュラー王者のリゴンドーと、同じ階級に2人の王者が存在している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中