2020年 11月 24日 (火)

井上尚弥の4団体統一の行方は? 専門家が指摘する井上の「世界的ブランド力」

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が世界4団体統一王者へ向けて突っ走っている。ボクシング史上6人目の4団体統一王者の期待が高まるなか、果たして井上が4団体の王座を統一することは可能なのか。J-CASTニュース編集部は、ボクシングの専門家である協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に今後の展望に関して話を聞いた。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

4団体統一王者は過去5人だけ

   バンタム級最強を証明するために主要4団体全ての王座の統一を目指している井上。現在、井上はWBAとIBF王座を保持しており、残るはWBCとWBO王座となる。2021年中にも4団体王座統一を目指すことになるが、複数の王座を統一し、その王座を維持していくのは非常に困難である。過去、世界の主要4団体の統一王者となったのは5人だけで、この数字から見ても険しい道のりであることが分かる。

   井上が目指している4団体統一はどれほどの偉業なのか。史上初の4団体統一王者となったのは、ミドル級のバーナード・ホプキンス(米国)だ。2004年9月、当時3団体統一王者だったホプキンスはWBO王者オスカー・デラホーヤ(米国)を破り4団体の王座を統一。翌年05年にジャーメイン・テイラー(米国)に敗れ王座を失い、勝利した無冠のテイラーが一気に4本のベルトを手に入れた。

   4団体の王座を統一したという観点からいえば、4冠王者を破ったテイラーは当てはまらないかもしれないが、4団体統一王者としてカウントされている。ホプキンスに次いで4団体を統一したのはテレンス・クロフォード(米国)だ。スーパーライト級時代の17年8月にWBA、IBF王者ジュリアス・インドンゴ(ナミビア)を破り王座を統一し、その後、階級をウエルター級に上げて王者になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中