2020年 11月 25日 (水)

PUBG MOBILE「賞金総額3億円」のeスポーツリーグ ドコモが乗り出す思惑

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ドコモが2021年2月から、新たなeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE(以下PMJL)」を開催すると発表した。使用されるタイトルは、世界累計6億ダウンロードを達成しているバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」だ。

  • ドコモのチャレンジがeスポーツ界を動かすか
    ドコモのチャレンジがeスポーツ界を動かすか
  • ドコモのチャレンジがeスポーツ界を動かすか

ドコモのチャレンジは、日本のeスポーツ界に新たな風を吹き込むのか

   本リーグは2021年2月から2021年4月にかけてフェーズ1、2021年7月から2021年9月にかけてフェーズ2が開催される。チーム数は16チームで、年間で合計100試合を戦う。試合形式は1チーム4人構成で16チームが同時に対戦を行う。シーズンの賞金総額は3億円と、日本国内のeスポーツリーグ戦としては破格の金額だ。リーグ戦を勝ち抜いたチームはさらに世界大会への出場権を獲得できる。

   日本国内で賞金総額が1億円を超えるeスポーツイベントは「Shadowverse World Grand Prix」や「MONSTER STRIKE GRANDPRIX」などのトーナメント式大会での事例はあるが、リーグ戦ではこれが初めてとなる。

   現在はリーグに参加するチームの募集が行われており、11月18日にオンライン質問会が開催される。その後オーナー募集の一次締め切りが11月27日の23:59まで、最終締め切りが12月10日の23:59に設定されている。

   また、本リーグ戦に参加するプロ選手には賞金とは別に、年間350万円以上の収入が保証される。安心して競技に打ち込むためには必要な措置ではあるが、1チームはサブメンバー含めて5名で構成されており、16チーム全員分で2億8千万円が必要となる。この金額を見るだけでもドコモの意気込みがうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中