2020年 11月 24日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「トランプ支持者」は今、何を思っているのか(後編)

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   「私たちはメディアにはめられている」――。ニューヨーク・マンハッタンの街中でふとしたことで知り合った白人女性(60代)が、思いの丈を私にぶちまけた。

   かなり感情的になってはいたが、彼女の声が多くのトランプ支持者の「本音」を代弁してもいるので、今回はこの女性に焦点を当てる。ただし、誰か特定されることを本人がとても恐れているので、ごく一部、詳細を変えてある。

  • ニューヨークでバイデン勝利を祝福して集まった人たち(2020年11月、筆者撮影)
    ニューヨークでバイデン勝利を祝福して集まった人たち(2020年11月、筆者撮影)
  • ニューヨークでバイデン勝利を祝福して集まった人たち(2020年11月、筆者撮影)

「あの人たち、けだものよ!」

   この連載の前回の記事 (2020年11月14日公開)では、「バイデン勝利」を受け止めよう、あるいは受け止めざるを得ないとするトランプ支持者たちを取り上げた。今回は、今の流れに強く反発する声を紹介する。

   2020年11月9日、マンハッタンで信号を待っていると、イヤフォンをしていた目の前の若い女性が、楽しそうに踊り始めた。上手だなと思って見ていた私の隣で、信号を待っていた女性が、私と目が合った瞬間に口走った言葉に驚いた。

「あの人、暴動に走るタイプかしら」

   その2日前の7日、「バイデン勝利」の報道に街中で踊り出した人々と、目の前で踊る女性の姿が重なったのだろうか。

   「あなた、トランプを支持しているの?」と私が声をかけると、「当たり前よ」と躊躇することなく答えた。民主党支持者が圧倒的に多いこの街で、見ず知らずの私に心を開いたことに、さらに驚いた。

   この連載記事を書いていると、私は話した。

   女性は「あの人たち、けだものよ! あの人たちが吐く言葉1つ1つも、けだものだわ」と吐き捨てるように言った。

「警官に対する侮蔑的な態度も、吐き気がする。アンティファ(ANTIFA=anti-fascist、反ファシスト) は、怒りに満ちた負け犬よ。私は本当に腹が立ってるの。家族経営の店を破壊したり、焼いたりするなんて!」

   そう言いながら、私たちの周りの、ベニア板ですべての窓やドアが覆われたいくつもの店を見渡した。大統領選投票日の数日前から、起こり得る暴動に備え、ニューヨークでも多くの店の窓やドアが板張りになった。

「そしてそのベニア板に、店の側が『Black Lives Matter』って書いておくのよ。『君たちの運動を支持するから、押し入るな』ってことでしょ」

   誤解がないように書いておくが、ニューヨークに限って言えば、暴動が起きたのは、この5月、黒人男性ジョージ・フロイド氏が白人警官に殺された事件をきっかけにBLM運動が全米で高まった直後のごく限られた期間だ。

   また、BLMの抗議デモ参加者の中に、警官を罵ったり、挑発したりする人たちもいるが、それはごく一部だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中