2020年 11月 25日 (水)

嵐は10年目で「やっと」だったのに... Snow ManとSixTONES、デビュー年の紅白出場は「早すぎる」のか?

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   2020年の大晦日に放送される「第71回NHK紅白歌合戦」の出場者が、11月16日に発表された。これに関し、ネット上では一部の熱心な嵐ファンを中心に憤慨する声が上がっている。

  • 「Snow Man」と「SixTONES」の「早すぎる栄誉」に、一部の熱心な嵐ファンはご不満!?
    「Snow Man」と「SixTONES」の「早すぎる栄誉」に、一部の熱心な嵐ファンはご不満!?
  • 「Snow Man」と「SixTONES」の「早すぎる栄誉」に、一部の熱心な嵐ファンはご不満!?

「個人的にスノスト紅白早い気がするなあ...」

   あるツイッターアカウントは「嵐は10年目でやっと出ることができたのにね...」と、何やら不満な様子。また、別のアカウントも「ジャニ枠多いけど、デビューシングルの売上が圧倒的になったストスノは選出されるよなー。10年ちょっと前ならそれでも出れなかったけど」と、やはり、出場歌手のラインナップに疑問を呈しているのだ。

   これらの声が指摘してること、それは、「嵐」が紅白に出場するまでに長期間の歳月を要したこと、及び、2020年の紅白にデビュー1年目の「Snow Man」と「SixTONES」が名を連ねていることだ。同様のツイートはこの2組の初出場が報道で出始めた16日朝から出ており、やはり、

「個人的にスノスト紅白早い気がするなあ...。嵐が10年目でやっと初出場だったから、余計に思うのかもしれないけれど」
「デビュー1年目で出られるスノストって何者なん?」

と、Snow ManとSixTONESの初出場が早すぎるのではないかとの声が上がっているのだ。

   「Snow Man」と「SixTONES」は1月22日に、ジャニーズとしては初の「複数グループの同日デビュー」という鳴り物入りで登場。デビューシングルは共にミリオンを達成したほか、Snow Manは2枚目のシングルもミリオンを達成するなど、両グループともに飛ぶ鳥を落とす勢いで2020年を駆け抜け、堂々の紅白出場となった。

   なお、同様の声として「嵐もJUMPも頑張って、やっと10年目で出れたのを、最近は簡単に覆していくよね...」といった声がHey! Say! JUMPのファンからも上がっており(ただし後述のように、Hey! Say! JUMPは11年目の初出場)、やはり、Snow ManとSixTONESの、CDデビュー1年目での紅白出場は驚きをもって迎えられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中