2020年 11月 25日 (水)

「自粛するほど仕事してない」説もあるけど... 近藤真彦を、ジャニーズがそれでも「処分」したかった理由

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   歌手の近藤真彦さん(56)が不倫を認めて無期限の活動自粛を発表したが、露出機会も少なかったことからお咎めなしに近いのではとネット上で不満の声も漏れている。

   ただ、芸能活動40周年の節目にダメージとなり、レース監督の活動自粛も発表された。これは、近藤さんにとって誤算なのか、あるいは一時的な痛みに過ぎないのか。

  • レース監督の活動自粛も発表され
    レース監督の活動自粛も発表され
  • レース監督の活動自粛も発表され

「全然ペナルティじゃない」との声も

   近藤さんと言えば、ジャニーズ事務所の中では、幹部から重用されているとされ、ジャニーズの「長男」とも言われているほどだ。

   これまでスキャンダルから守られているともうわさされていたが、週刊文春が2020年11月12日発売号で25歳年下の女性社長との不倫交際を暴露した。交際は5年続いており、人目に触れる機会もあったとみられているが、今になってスキャンダルが浮上した形だ。

   近藤さんは、普段は歌手などより、レーシングチーム監督としての活動の方が多かったとされている。しかし、20年は、近藤さんの芸能活動40周年に当たり、記念日の12月12日に向け、ツアーの公演が続き、テレビの歌謡祭への出演も決まっていた。ところが、活動自粛を発表し、これらも中止される見通しが各スポーツ紙などに報じられている。

   とはいえ、これまでは目立った芸能活動が少なかったため、「自粛するほど仕事してましたっけ?」「全然ペナルティじゃないんじゃん」「きちんと処分しないと他の人に示しがつかないですよ」といった批判の声もネット上で相次いでいる。

   近藤さんの自粛は、ジャニーズの中では、どんな処遇に当たるのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中