2020年 11月 25日 (水)

コメ作り「本格再現」と話題のゲームに「仰天」情報 「え、稲作がメインじゃないの???」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   同人ゲームサークル「えーでるわいす」が開発し、マーベラスから販売されているゲームソフト「天穂のサクナヒメ」が大きな注目を集めている。同作は発売後まもなく本格的過ぎるコメ作りが行えると話題になり、この反響には開発陣も驚いているという。

  • (C)2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games / Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc.
    (C)2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games / Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc.
  • (C)2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games / Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc.

「日本古来の米づくりを深く再現」

   「天穂のサクナヒメ」は2020年11月12日に発売された和風RPG。PlayStation4とNintendo Switchといったゲーム機のほか、SteamというPCソフトプラットフォームに対応している。公式サイトによれば、

「美麗グラフィックで描かれる『天穂のサクナヒメ』は『ヒノエ島』を舞台に、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクションと、日本古来の米づくりを深く再現したシミュレーション要素が融合したユニークな和風アクションRPGです」

というゲームなのだが、インターネット上ではとりわけ「日本古来の米づくり」に大きな注目が集まっている。田植、稲刈り、脱穀など八つの工程を行い、立派なコメを育てることでキャラクターが強くなるのだが、その過程があまりにも本格的なのだという。

   プレイヤーからは「ハードモードの米農家体験ゲー」、「農業パートがガチ過ぎて農林水産省の農業Q&Aサイトが攻略wiki」といった声が上がり話題となっている。プレイヤーの中には現役米農家だと称するアカウントもおり、仕事をしている気分になった、精米機などの機械に感謝したといった感想が話題を呼んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中