2020年 11月 26日 (木)

「投壊」なのに山中、近藤を構想外... ヤクルト「投手リストラ」に「理解できない」と批判も

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   各球団が来季の構想から外れる選手を発表する中、驚きの声が上がったのがヤクルトだった。

   守備固め、代走で重宝されていたヤクルト一筋14年の上田剛史が戦力外通告を受けたのに加え、投手陣を支えてきた山中浩史、近藤一樹の退団も決まったのだ。

  • 来季のヤクルトの戦力は…
    来季のヤクルトの戦力は…
  • 来季のヤクルトの戦力は…

投手だけで10人が一気に退団

   山中はソフトバンクから14年途中に移籍し、15年に先発ローテーションの谷間で6勝2敗と好成績を挙げてリーグ優勝に貢献。通算17勝で阪神戦が7勝、甲子園で5勝とキラーぶりを発揮した。今季は6試合登板で1勝2敗、防御率5.50。9月2日の阪神戦(甲子園)は6回4安打2失点の快投を見せた。

   一方、16年途中にオリックスからトレード移籍した近藤は救援の柱として奮闘。18年は球団記録タイの74試合に登板し、球団新記録の35ホールドで最優秀中継ぎのタイトルを獲得。昨年も59試合に登板して22ホールドを挙げた。今季は20試合登板で2ホールドと不本意な成績に終わったが、救援の層が薄いチーム事情で近藤が来季の戦力構想から外れたのは驚きだった。

   ヤクルトは投手陣では五十嵐亮太、中澤雅人が現役引退を決意し、山中、近藤ら7人の投手が戦力外通告を受けた。今季加入したイノーアの退団も決定し、投手だけで10人が退団する。また、FA権を保有するエース右腕・小川泰弘、守護神・石山泰稚の去就も不透明だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中