2021年 5月 15日 (土)

「ソ-巨」が「ソ連」に見えた... 日本シリーズで打ちひしがれる人続出

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ソフトバンクが3連勝し、11月25日にも優勝が決まりそうな2020年のプロ野球・日本シリーズ。最短の日程である4回戦でソフトバンクの優勝が決まるのかという、短期での決着となるか否か、また、それを実現させそうなソフトバンクの圧倒的な戦いぶりを中心に注目が集まっているが、その一方で、その日本シリーズに対し、全く別の「感性」を以てして行われるツイートが多発しているのだ。

  • あなたが「ソ連」という単語を最後に耳にしたのはいつ?(写真はイメージ)
    あなたが「ソ連」という単語を最後に耳にしたのはいつ?(写真はイメージ)
  • あなたが「ソ連」という単語を最後に耳にしたのはいつ?(写真はイメージ)

「巨とソしか書いてないせいで『巨人vsソ連』に見えて仕方ない」

   第1戦が行われた21日、あるツイッターアカウントは「今、野球でソフトバンクvs巨人を見てるんやけど、巨とソしか書いてないせいで『巨人vsソ連』に見えて仕方ない」と、ツイート。また、別のアカウントも「テレビの野球の巨VSソってソがマジで分かんなくてソ連しか出てこなかったけどソフトバンク 野球好きな人に埋められるわ」と、やはり、「ソ連」という国名を絡めて日本シリーズに言及しているのだ。

   同様のツイートはその後も行われ、

「日本シリーズを見ながら姉と話をしてたのさ 姉『画面左上の「ソ」ってなに?ソ連?』 私『ソフトバンクだから...』 #姉は野球をミリも知らない」

と、家庭内での会話をツイートしたものや、

「野球全く知らない私が何となくテレビつけて左上見たら多分対戦チームの名前...巨...?巨人と...ソ?ソ連...?と一瞬疑問に思った。SoftBankに決まってるのよー!?」

と、自らの脳内での思考のシークエンスを披露するアカウントも存在するほどだ。

   これらのアカウントが挙げる「ソ連」という国名だが、それはもちろん、「ソビエト社会主義共和国連邦」のことだ。同国は1922年に成立し、1991年に崩壊した社会主義国家だが、その「ソ連」が日本シリーズの中継を見ていた視聴者の脳内に割り込んできたとは、何やら穏やかではない意味不明ぶりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中