2021年 5月 13日 (木)

大阪~紀南間に夜行列車が「復活」する!? WEST EXPRESS銀河「誘致」に感じるロマン

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   各種報道によると2020年10月7日、和歌山県と県内7市町村がJR西日本に対し、長距離列車「WEST EXPRESS銀河」の誘致について要望した。もし、夜行列車での運行が実現するとなると大阪~紀南間の夜行列車が復活することになる。

  • 9月にデビューした長距離列車「WEST EXPRESS銀河」
    9月にデビューした長距離列車「WEST EXPRESS銀河」
  • 9月にデビューした長距離列車「WEST EXPRESS銀河」

長距離列車「WEST EXPRESS銀河」は和歌山県に乗り入れる?

   10月7日、和歌山県と県内7市町村がJR西日本に対して「WEST EXPRESS銀河」の誘致要望書を提出した。JR西日本の和歌山支社も同県への乗り入れについて、社内で働きかけるという。他管区も同様の要望があることから、し烈な「誘致合戦」になりそうだ。

   「WEST EXPRESS銀河」は2020年9月にデビューしたJR西日本の長距離列車だ。車内はリクライニングシートからノビノビ座席「クシェット」、個室寝台車両を備え、昼行列車、夜行列車どちらにも対応する。またフリースペースも設置され、一般の特急列車とは異なった列車旅が楽しめるのも特長だ。

   ダイヤは9月~11月までが京都駅・大阪駅~出雲市駅間を夜行列車として、12月~2021年3月までは大阪駅~下関駅間は昼行列車として運行される。「WEST EXPRESS銀河」は直流型電車となり、乗り入れは直流電化区間に限られる。幸いなことに大阪~紀南間は直流電化区間なので技術的には乗り入れ可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中