2021年 5月 11日 (火)

eスポーツのリーグ戦を継続する意義 「ストリートファイターリーグ」から考える

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   『ストリートファイターV チャンピオンシップエディション』を用いて開催されるeスポーツの公式リーグ戦「ストリートファイターリーグ」をご存じだろうか。最高レベルのプロゲーマーたちがチームを組んで3on3で戦う大会で、今年は第3回大会となる「ストリートファイターリーグ Pro-JP 2020」のリーグ戦が先日終了した。リーグ戦上位3チームが2021年1月30日にグランドファイナルを行い、王者が決定する。

  • ストリートファイターリーグ。選手ファーストの姿勢を打ち出した構成が特徴的(公式サイト)
    ストリートファイターリーグ。選手ファーストの姿勢を打ち出した構成が特徴的(公式サイト)
  • ストリートファイターリーグ。選手ファーストの姿勢を打ち出した構成が特徴的(公式サイト)

多くの選手を短時間で見ることができるのが大きな利点

   通常、対戦格闘ゲームを使用したeスポーツの大会は個人参加のトーナメント形式で開催されることが多い。しかもダブルイリミネーション形式と呼ばれ、無敗で勝ち進んだ選手はウィナーズトーナメント、1敗した選手はルーザーズトーナメントに参加し、2敗を喫した時点で大会敗退となる。

   キャラクターの相性が勝敗に大きな影響を与える対戦格闘ゲームには非常に適したやり方ではあるが、必然的に試合数が多くなり、大会時間が長くなる傾向がある。この形式の場合、顔が長く映し出される選手は上位数名に限られてしまい、多くの選手が知名度を得にくいという問題があった。

   しかし「ストリートファイターリーグ」のようなリーグ戦では比較的試合数が少なく済むため、配信時間も2時間半程度と通常の対戦格闘トーナメントと比較すると圧倒的短時間の番組構成となっていた。

   また、1日に3試合が配信される上、「Pro-JP 2020」では1チーム4名構成となっており、うち3名が選手として出場する形式となっていたため、合計24名のプロゲーマーたちの存在をアピールする絶好の機会として機能していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中