2021年 1月 16日 (土)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
メディアが報じなかった大統領FB演説の中身

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「ありがとう。これは、史上最も大切な私の演説となるかもしれません」――。トランプ大統領が、こうして国民に向けて語り始めた緊急演説(2020年12月2日)。

   今回の大統領選挙での「不正行為」について、46分間にも及んで切々と訴えた。トランプ支持者の多くは、この演説を「大統領の心の叫びだ」と高く評価したものの、マスコミはこれをまともに取り上げなかったばかりか、「CNN」のアンカー、クリス・クオモ氏などは、「放映は良心に恥じる」と拒否、怒りを露わにした。

  • 2020年12月2日にフェイスブックで公開されたホワイトハウスで演説するトランプ大統領の映像。報道陣は呼ばれなかった(トランプ氏の公式フェイスブックの動画から)
    2020年12月2日にフェイスブックで公開されたホワイトハウスで演説するトランプ大統領の映像。報道陣は呼ばれなかった(トランプ氏の公式フェイスブックの動画から)
  • 2020年12月2日にフェイスブックで公開されたホワイトハウスで演説するトランプ大統領の映像。報道陣は呼ばれなかった(トランプ氏の公式フェイスブックの動画から)

「私は勝ち負けにこだわっているのではありません」

「大統領としての私の最高の義務は、米合衆国の法律と憲法を守ることです。ですから私は、選挙制度を守る決意をしました。それは今、組織的な脅迫と包囲攻撃を受けています」
「我々は時期尚早に勝利宣言すべきではないと警告されました」
「今回の選挙と将来のすべての選挙を、アメリカ人が信頼できるようにするためです」

   トランプ氏は、この動画をホワイトハウスで前もって収録し、自身のフェイスブック(FB)に掲載した。回りに報道陣はいない。

   トランプ氏は訴える。

「私が我慢できないのは、アメリカ人から選挙が盗まれることです」
「私は勝ち負けにこだわっているのではありません。公平、真実、合法的な結果なら、私は喜んで受け入れます。そして、バイデンもそうであるべきです」

   トランプ大統領は、今回の大統領選では「ドミニオン」によって大規模に票が盗まれており、不正は前代未聞であるとした。

   「ドミニオン」は選挙関連のテクノロジー企業「ドミニオン投票システムズ(Dominion Voting Systems)」の投票システムのことだ。

   いくつかの州で、バイデン氏への不正投票があり、トランプ氏への票が大量に消えた。その中には、亡くなっている人や居住者ではない人の投票もあった、という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中