2021年 3月 5日 (金)

「出会い系みたい」の声が出た就活マッチングアプリ 運営社は「目的とは違う使用方法が出来ない仕組みを作っております」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

社長側は完全招待制

   また、「社長と晩ごはん」というサービス自体をリリースしたのは2015年で、アプリのリリースは18年だという。アプリ上でマッチングした経営者(人事決裁者)と学生がチャットを通して会話を行い、その上でご飯に行くかどうかを双方で決めるという流れになっており、「最終的な目的はインターン採用や新卒採用に繋げていただきたい」(担当者)という。

「『社長と晩ごはん』は晩ごはんを通して、経営者(人事決裁者)と学生が本音×本音で話していただき、本質的な就活ができるよう設計したものになります。3年以内の新卒の離職率は30%と言われていますが、その多くは職場の人間関係や環境、理念の不一致に起因しています。
その社会課題を少しでも解決すべく、従来の堅苦しい就活の手法ではなく、軽くお酒を飲みながら、事業やビジョンについてできる限り本音で話していただき、双方の理解を深めていただくことで、そのような社会課題の解決に尽力しております」

   また同アプリにおいては、就職活動におけるセクハラなどを防ぐため下記のような取り組みを行っているという。

「社長側は完全招待制ですので、そもそもHPが無かったり、実在しない会社等はこちらで検閲し、省かせていただいております。
また、トークの内容はこちらで確認ができますので、セクハラなどの内容が確認できた場合には強制退会の措置を取らせていただいております。
また、学生から通報できる仕組みもございますので、そのようなことが発生した場合にも強制退会等で対処させていただきます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中