2021年 4月 21日 (水)

海外が評価する「日本のコロナ対策」、でも自国民は悲観的 国際調査で「落差」浮き彫り

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   コロナ禍への対応について世界6か国で行われた世論調査で、日本の対応は他国から比較的高く評価されているのに対して、日本国内での評価が特に低いことが明らかになった。さらに、家計への影響が長く続くとする見る人は日本が突出。ワクチンが2021年に接種できるようになり、公平に配布されると考える人の割合は日本が最も低く、総じて今後について悲観的にみていることが浮き彫りになった。

  • 日本のコロナ対応への評価は様々だ(写真は国立感染症研究所提供)
    日本のコロナ対応への評価は様々だ(写真は国立感染症研究所提供)
  • 日本では2021年中にワクチンの接種を受けられるか(左グラフ)、公平に配布されるか(右グラフ)の両方について、6か国のうち最も悲観的だ。日本が各グラフの右端(写真は「ケクストCNC(Kekst CNC)」の発表資料から)
    日本では2021年中にワクチンの接種を受けられるか(左グラフ)、公平に配布されるか(右グラフ)の両方について、6か国のうち最も悲観的だ。日本が各グラフの右端(写真は「ケクストCNC(Kekst CNC)」の発表資料から)
  • 日本のコロナ対応への評価は様々だ(写真は国立感染症研究所提供)
  • 日本では2021年中にワクチンの接種を受けられるか(左グラフ)、公平に配布されるか(右グラフ)の両方について、6か国のうち最も悲観的だ。日本が各グラフの右端(写真は「ケクストCNC(Kekst CNC)」の発表資料から)

他国からはベスト3、日本国内からは16か国中10位の評価

   調査はPRコンサルティング会社の「ケクストCNC」(Kekst CNC)が英国、スウェーデン、ドイツ、フランス、米国、日本の6か国で2020年11月20日から12月1日にかけて行い、各国で成人1000人ずつが回答。集計結果が12月14日に発表された。調査が行われたのは今回が6回目で、そのうち5回について、日本で調査が行われている。

   国内から激しい批判を受ける日本のコロナ対策は、国外からは違った見え方をしているようだ。自国を含む世界16か国・地域についてコロナ対応を評価してもらう項目で、日本以外の5か国では、日本の評価は2~3番目に高かった。一方、日本国内の調査で最も評価が高かったのは韓国。自国・日本の評価は香港、オーストリア、スイスなどに続いて10番目だった。6か国全てで最も評価が低いのは米国だった。

   日本では雇用主への評価も厳しい。「組織としての一体感を構築する」「リモートワークでもポジティブな環境を構築する」「健康維持の支援をする」など7項目についてプラスかマイナスで評価してもらう設問では、日本以外の5か国で大半の項目がプラス評価を受けた。対する日本では、14項目でマイナス評価がついた。日本で最も厳しい評価だったのが「従業員に強いメッセージを届ける」の項目で、差し引き23%のマイナスだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中