2021年 5月 17日 (月)

「おかえりリツイート!」 ツイッターの仕様再変更にネット沸く、恒例の「便乗」も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2020年12月17日、ツイッターの「リツイート」の仕様が従来のものに戻った。

  • リツイートの仕様が再変更(イメージ)
    リツイートの仕様が再変更(イメージ)
  • リツイートの仕様が再変更(イメージ)

再変更に歓迎の声が多数

   従来のリツイートはリツイートボタンをタップするだけで完結する、手軽な機能だった。

   しかし、2020年10月21日朝までにリツイートの仕様が変更され、リツイートボタンを押すと自らのコメントをつけてリツイートする「引用リツイート」の画面が表示されてしまうようになっていた。コメントなしでツイートすれば従来と同じようにリツイートすることができるが、直感的にツイート拡散できる仕様からは遠くなり、不満の声が上がっていた。

   ツイッターの公式アカウント(@Twitter)では、21日に「We're switching back. You can now choose to Retweet or Quote Tweet the way you did before.(切り替えをしています。以前のようにリツイートや引用ツイートを選択できるようになりました)」との知らせを投稿。

   リツイートの仕様が改修されたことを受け、ネット上では「リツイートの仕様が元に戻ってる?」「り、リツイート機能くんおかえり!!!!待ってたよ!!!」と喜ぶ人の声が多く投稿されている。

   ツイッターはこの仕様変更を「アメリカの大統領選を前に、誤った情報の拡散を防ぐため、...(中略)...ツイートを拡散する前にもう一度考えていただくため」としていた。動作を増やすことで、ツイート内容について熟考してからリツイートさせる目的ということである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中