2021年 1月 23日 (土)

クリープハイプ尾崎世界観、芥川賞候補に喜び 「メンバー三人に捧げます」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ロックバンド・クリープハイプのボーカルの尾崎世界観さんが、第164回芥川龍之介賞候補に選ばれたことへの喜びを明かした。

   尾崎さんは2016年に小説『祐介』で小説家デビューしていた。

  • 尾崎世界観さん
    尾崎世界観さん
  • 「新潮」2020年12月号
    「新潮」2020年12月号
  • 尾崎世界観さん
  • 「新潮」2020年12月号

「小説を書く時間をくれたメンバーに感謝」

   尾崎さんは芥川賞候補が発表された2020年12月18日に自身のツイッターを更新し、

「芥川賞候補だ!嬉しい!」

と、「新潮」12月号で発表された『母影(おもかげ)』が芥川賞にノミネートされたことに言及。

「小説を書く時間をくれたメンバーに感謝しているし、今回の芥川賞候補を、メンバー三人に捧げます」

とバンド活動と並行しての小説執筆を理解してくれたクリープハイプのバンドメンバーへ感謝を記した。

   尾崎さんは、

「いつも恥ずかしくて言えないけど、ありがとう!」

とメンバーにお礼。

「やったぞ!これからもよろしく!」

と喜びを爆発させていた。

   この投稿に尾崎さんの元には、

「おめでとうございます!!!自分の事のように嬉しいです!!」
「作家としての尾崎さんもクリープハイプとしての尾崎さんも応援してるので、頑張ってください!」

という声が集まっていた。芥川賞候補者には尾崎さんの他、宇佐見りんさん(候補作:推し、燃ゆ)、木崎みつ子さん(コンジュジ)、砂川文次さん(小隊)、乗代雄介さん(旅する練習)がノミネートしている。

   第164回芥川賞と直木賞(直木三十五賞)の選考会は2021年1月20日に行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中