2021年 7月 29日 (木)

球界から「コーチ待望論」上がるOBたち 立浪和義、中村紀洋...監督経験者も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   現役時代に華々しい活躍をしながら、プロ野球の指導者という立場に縁がない名選手は少なくない。

   中日の監督候補として毎年候補に上げられる立浪和義もその一人だ。日本記録の487二塁打を樹立するなど、プロ通算2480安打をマーク。中日一筋22年間の野球人生で、最後の2年間はコーチ兼任でプレーした。

  • ナゴヤドームに監督としてやってくる日は……
    ナゴヤドームに監督としてやってくる日は……
  • ナゴヤドームに監督としてやってくる日は……

「技術論が的確で説明もわかりやすい」

   引退後は日本代表の打撃コーチを務めたことはあったが、NPBでのコーチ経験はない。野球解説者として活動しているが、その解説は「なぜ打てないのか、技術論が的確で説明もわかりやすい」と好評だ。グラウンドでは選手に助言する姿も。「中日次期監督の最有力候補」と地元・名古屋では待望論が多く、立浪監督が誕生する日はそう遠くないかもしれない。

   豪快なフルスイングで魅了した中村紀洋もコーチ経験がない。近鉄、中日、DeNAなどを渡り歩き、通算404本塁打をマーク。2101安打と広角打法でミート能力も高かった。引退後はアマチュア野球の指導にあたり、浜松開誠館高の非常勤コーチを務めている。

   YouTubeで配信している野球理論「N's method」の動画も好評で、昨年は阪神の大山悠輔、梅野隆太郎がこの動画で語った中村の打撃理論を参考にしたことが話題を呼んだ。現役時代は「扱いづらい」イメージがあったが、自身の打撃フォームを細かく分析するなど理論派で知られていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中