2021年 5月 8日 (土)

井上尚弥の対抗「WBC暫定王座」 判定不服のロドリゲス陣営「再戦要求」で混沌

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦が2020年12月19日(日本時間20日)、米コネチカット州で行われ、WBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)がWBC同級4位エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2-1の判定で下した。ロドリゲス陣営はこの判定を不服とし、WBCに対して即時再戦を要求する構えだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

ロドリゲス「リベンジしたい」

   暫定王座決定戦は判定までもつれこみ、3人のジャッジのうち2人がガバリョを支持(115-113、116-112)。残り1人は118-110の8ポイント差をつけてロドリゲスを支持した。この試合の結果を速報した米専門メディア「Boxing Scene」は、ガバリョが疑わしいスプリット判定でロドリゲスを下したと報じるなど、関係者の間で物議をかもしている。

   ロドリゲスの地元プエルトリコメディア「Primera HORA」(WEB版)は、ロドリゲスのマネジャーであるファン・オレンゴ氏がWBCに即時再戦を要求すると報じている。また、「Primera HORA」によると、ロドリゲスは自身の勝利を信じており、「リベンジしたい」と語っているという。

   ロドリゲスは2019年5月にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBFバンタム級王者として井上尚弥(大橋)と対戦し2回TKO負けを喫し2度目の防衛に失敗した。その後、同年11月のWBCバンタム級挑戦者決定戦に出場を予定していたが、対戦相手のルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量で体重を超過したため、試合は中止となった。ロドリゲスは19年5月以来のリングだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中