2021年 9月 17日 (金)

マヂカルラブリー優勝ネタは「漫才」か「コント」か M-1視聴者が激論

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「漫才の根幹を捨て去ったネタがめちゃ良かった!」

   ただ、この「掛け合いなし」の漫才を、「マヂカルラブリーの掛け合いがないという漫才の根幹を捨て去ったネタがめちゃ良かった!」といった形で評価する声も多く、ネット上を見渡してみると、今回の「M-1」に満足したとの声は多い。事実、優勝発表後の講評では、審査員を務めた「ダウンタウン」の松本人志さん(57)が「いつもは2組で(どちらを優勝にするか)悩むんですけど、今回は初めて3組で(悩んだ)」と明かすなど、マヂカルラブリーを含め、3組の決勝出場者がハイレベルな戦いを繰り広げたことには疑いの余地はない。そう考えると、今回、マヂカルラブリーが示した「フォーマット」が、新たな漫才の形式として受け入れられていく可能性は決して低くないのではないだろうか。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中