2021年 5月 8日 (土)

簡潔謝罪のROLAND、10分動画でお詫びのGACKT  2人の姿勢に世間の反応は

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   タレントのGACKTさんが2020年12月21日午前、自身のインスタグラムとYouTubeチャンネルを更新し、ROLANDさん、門りょうさんとの合同プロジェクト「G&R」のパクリ騒動について、およそ10分間にわたる動画で釈明した。

   女性を一流にするためと銘打った本プロジェクトで販売されたドレスのデザインが他社商品と酷似していたことから、本人は「非常に怒りを感じています」とコメントしている。

  • 謝罪動画を公開したGACKT
    謝罪動画を公開したGACKT
  • 謝罪動画を公開したGACKT

「今回のプロジェクトの顔となった責任が自身にもある」

   映像内でGACKTさんは、自身がROLANDさんと2年前に「いろんなことが出来るんじゃないか」と話し合っていた際、dazzy社の社長が「是非自分たちにやらせて欲しい」と

   オファーしてきたことから話が始まったと報告。ところがdazzy社の急成長により「社長が現場に出ることも少なくなり、若い人間に現場を任せている」状況が多くなってきたことから、「調子がいい時だからこそ、調子に乗るな」ときつい言葉で注意してきたと振り返った。

   当時、社長は「もう一度やりなおします」とGACKTさんらに宣言したそうだが、その矢先に今回の問題が発生したという。

   続いて「1人のデザイナーが行き詰って、他社のデザインを模倣したと聞いています」「僕らはそれをチェックし、採用し、そして製品化に至りました」と、他社と全く同じデザインの商品が世に出た経緯を説明したGACKTさん。語気には強い怒りをにじませ、所々でサングラス越しに顔をしかめる瞬間もあった。

   最終的には「個人的には今回のプロジェクトの顔となった責任が自身にもある」「今回のことでがっかりさせてしまったファンには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と謝罪したが、失敗した個人や会社を切り捨て、非難をするだけなら根本的な解決にはならないとコメント。現代社会は「1度の失敗で全てゲームオーバーになるような風潮がある」とし、

   その風潮が新たなチャレンジをする人の行動を阻害するのではないかと問題を提起した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中