2021年 5月 13日 (木)

工藤静香、自染めのセーター披露 「なかなか良い色かも?」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   歌手の工藤静香さんが、自分で染めたというセーターを披露し、ファンから称賛を集めている。

  • もともとは「真っ白」だったという
    もともとは「真っ白」だったという
  • もともとは「真っ白」だったという

「うがい薬の様な綺麗なパープルブルーのセーターが欲しくて」

   工藤さんは2020年12月22日に自身のインスタグラムを更新し、

「このセーターは25年くらい前の物ですが、元々は真っ白のセーターでした」

と、セーターを着た自身の写真を披露。着用しているセーターは薄い水色となっていたが、工藤さんは、

「当時、うがい薬の様な綺麗なパープルブルーのセーターが欲しくて、自分で染めたのを覚えています」

と購入した当時、白いセーターを自分で染めたことを明かした。

   綺麗に染まっているセーターだが、かつての工藤さんは、

「イメージとは違い過ぎてしまいガッガリしたような、、、」

と満足のいく仕上がりではなかったとのこと。とはいえ、25年経った今では、

「でも今着るとなかなか良い色かも?なんて思っています」

と時を経てお気に入りアイテムになったことを明かした。

   また、工藤さんはこの日一瞬だけ降っている雪を見たといい、

「東京は少し雪が積もるとあたふたスッ転ころりんと、大騒動になります」

と東京の雪事情に言及しつつ、

「雪の多い地域の方は慣れていらっしゃるとはいえ、急に雪が積もり本当に大変だと思います。雪かき本当にタフな仕事ですね」
「くれぐれも気をつけて下さいね」

と雪国を思いやる場面も。

「幼い時に確か青森のお婆ちゃんが、『すんずか!(しずか)雪っこせんばならんはんで』???」
「呪文のような事を言われたような、、笑笑笑笑」

と幼少期の思い出を振り返り、最後には、

「自分なりのコロナ対策、しっかり頑張ってます!」
「一緒に頑張りましょう」

と呼びかけていた。

   この日のポストに工藤さんの元には、

「物を大切にする静香さんを見習いたいです」
「素敵な色のセーターでものすごく似合ってます」

という声が集まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中