2021年 3月 9日 (火)

「井岡一翔VS田中恒成」 専門家「田中の後半KO勝ち」予想の理由は...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトル戦が2020年12月31日、東京・大田区総合体育館で行われる。王者・井岡一翔(31)=Ambition=が、同級1位・田中恒成(25)=畑中=を迎えて防衛戦に臨む。ともに世界の複数階級を制しており、ボクシングファン必見の好カードだ。王者の防衛か、それとも新王者誕生なるか。J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に勝負の行方を占ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「先に仕掛けるのは田中選手だろうと思います」

   毎年恒例となっているボクシングの大みそか決戦。今年のトリを飾るのは、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡と世界3階級制覇の田中だ。世界4階級を制した井岡はベテランの域に達しており、確かな技術を持ち合わせる王者である。一方の田中はスピード出世を果たした日本のホープ。井岡を破って世界に名を売りたいところだ。

   今回のタイトル戦は、過去の日本人同士による世界戦の中でもトップレベルだろう。世界戦の経験が十分の両者はどのように試合を進めるのだろうか。試合展開について金平会長は次のように予想した。

「田中選手は挑戦者という立場もあるので仕掛けるでしょ。ボクシングのスタイルもそういうスタイルですし、先に仕掛けるのは田中選手だろうと思います。この展開は当然、井岡選手は読んでいる。これをどう迎え撃とうかと考えているでしょう。井岡選手はメディアを通じて『チャンピオンらしく格の違いを見せる』と言っていますが、これは田中選手が突っ込んでくると予測したものだと思います。井岡選手は過去に八重樫(東)選手と対戦しました。この時は受けて立つようなボクシングをしました。今回はこの時のようなボクシングが予想されます」

「キャリア、厚み、引き出し、どれをとっても...」

   井岡、田中両者のボクシングキャリアをみてみると、ともにボクシングエリートコースを歩んできた。井岡は高校、大学(中退)でアマチュアのリングに立ち数々のタイトルを手にし、プロではミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級を制した。田中もまた高校時代に主要タイトルを獲得しており、プロに転向後はミニマム級、ライトフライ級、フライ級の3階級を制覇している。

   金平会長は勝負の行方について「ボクシングのキャリア、厚み、引き出し、どれをとっても井岡選手が上であろうと思います」と前置きした上で、こう続けた。

「田中選手はこのような井岡選手の実力を知ったうえでいくのだから、変な小細工をすればやられてしまう。戦略に関してひとつ味付けというか、工夫をして勝機を見出すのではと思っています。奇襲を試みるとか、あえて序盤を見ていくかなどですね。私は序盤から田中選手が攻撃すれば、田中選手の後半KO勝ちだと予想します。判定で勝てないとは思いませんが、可能性的にはKO勝利よりは低くなるでしょう」

「私には落ち着かない環境の変化にみえる」

   金平会長は「田中勝利」を予想するにあたり、井岡の「不安材料」について言及した。それは近年の井岡の「環境の変化」だという。井岡は2017年12月に一度は引退を発表。その約7カ月後に現役復帰を表明した。そして19年3月に国内ジムに復帰し、今年6月に所属ジムを移籍した。

「ここ数年、井岡選手の環境が大きく変化している。私には落ち着かない環境の変化にみえる。これが多少影響を与えるのではないか。不安材料になりうると思います。そして田中選手のことを本当はどう思っているのか。私はメディアへの発言はリップサービスだと思っていますが、『格の違いを見せる』のような発言は、それ自体がプレッシャーというか重くなってしまうのではないかと思います」

   また、金平会長は新型コロナウイルスの影響で試合が出来ない間にどのようなトレーニングを行ってきたかがカギを握ると指摘する。井岡、田中ともに1年のブランクがあり、試合当日はどのようなパフォーマンスを見せるか注目される。

「クロスゲームにならない可能性もある」

「このコロナ禍の間にどのようなトレーニングが出来たか。これも勝負を分ける要因になるでしょう。この間に何人ものボクサーが激変してしまっている。リング上で驚くほど良くなっている選手もいれば、衰えてしまった選手もいる。田中選手は早い段階からぶれずに井岡選手とやりたいと言っていた。ずっと井岡選手を意識して練習してきたでしょうから対策を十分に考えていると思います。私はこの点を田中選手の伸びしろととらえています」

   一年を締めくくるにふさわしい「ゴールデンカード」。金平会長は最後に次のように締めくくった。

「私が聞いたところによると、田中選手は非常にいいコンディション調整が出来ているようです。この試合にかけるモチベーションは非常に高いでしょう。それに田中選手はたとえ井岡選手に負けたとしても彼のキャリアに傷がつくことはない。思い切っていけると思います。挑む田中選手とそれを受けて立つ井岡選手。受けて立つ方が難しい。クロスゲームにならない可能性もあると思います」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中