2021年 1月 23日 (土)

「欅坂46」から「櫻坂46」へ 苦節の2020年乗り越え...表題曲超え「なぜ恋」が与えたインパクト 

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2020年10月に欅坂46から改名した櫻坂46は、1stシングル「Nobody's fault」でリスタートを切った。同シングルはTYPEA・B・C・Dと通常版があり、「Nobody's fault」の他に「なぜ 恋をして来なかったんだろう?」(全タイプ収録)と「Buddies」(TYPE-D収録)でMVが作られているが、改名後初めて広く世に出たこの3曲のインパクトは大きかった。

  • 「なぜ 恋をしてこなかったんだろう?」MVより
    「なぜ 恋をしてこなかったんだろう?」MVより
  • 「なぜ 恋をしてこなかったんだろう?」MVより

再生回数は「なぜ恋」がトップ

   11月~12月の民放各局の音楽番組で、櫻坂46は3曲全てを披露している。内訳をみてみると、「ベストアーティスト2020」(日本テレビ系・11月25日)「2020FNS歌謡祭」(フジテレビ系・12月9日)「MステウルトラSUPER LIVE2020」(テレビ朝日系・12月25日)で「Nobody's fault」、「CDTVライブ!ライブ!クリスマススペシャル」(TBS系・12月21日)で「なぜ 恋をしてこなかったんだろう?」、「バズリズム02」(日本テレビ系・12月18日)で「Buddies」が放送された。

   表題曲は「Nobody's fault」で放映される機会も一番多いが、ファンへのインパクトは「なぜ、恋をしてこなかったんだろう?」「Buddies」も劣っていない。特に欅坂46時代のカラーを打破したような「なぜ、恋をしてこなかったんだろう?」が注目に値する。ワイヤーを生かしたスペクタキュラーな振付と、欅坂時代のクールさと対照的な恋心を率直に描いた歌詞がキャッチーだ。

   YouTubeでのMV再生回数も「なぜ 恋をしてこなかったんだろう?」がトップを走っている。12月28日時点で「なぜ 恋をしてこなかったんだろう?」470万回、「Nobody's fault」395万回、「Buddies」185万回になっている。コメント欄でも、「これは表題超えのやつ!」「紅白はこっちにしてくんねーかな?なんか生まれ変わった感出すならこっちのほうがよくね?」「櫻坂46としてのPVを見たらこの子達が爆発しててびっくりした。欅時代に培ったスキルと櫻坂への気合が凄いなあ」などの賞賛も見受けられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中