2021年 1月 23日 (土)

Snow Manの「精神的支柱」深澤辰哉 三枚目の裏に「優しさ」と確かなパフォーマンス力が

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   Snow Manの魅力に迫る連載企画、2人目はグループ最年長の深澤辰哉にスポットを当てる。入所16年の下積みを経た彼は今、時にグループをまとめ、ダンスでもパフォーマンスを支えて頼られる存在だ。深澤がメンバーたちに見せる、頼られる先輩としての顔をみてみよう。

入所17年目のベテラン

   Snow Man・深澤辰哉については、バラエティ番組で爪痕を残しているところを目にすることも多いのではないだろうか。深澤は1992年の28歳、グループ最年長のメンバーだ。ジャニーズ事務所に入所したのは、2004年のこと。入所後はHey! Say! JUMPのメンバーや、A.B.C-Z・橋本良亮などが所属していた人気グループ、"J.J.Express"に所属後、2009年にSnow Manの前身グループとなる"Mis Snow Man"を結成。2012年からSnow Manとして活動を始めている。2020年1月のデビューを掴み取るまで、約15年のジャニーズJr.期間を経てきたベテランメンバーだ。

   そんな深澤はリーダーではないものの、Snow Manにおいてメンバーの精神的支柱になっている人物と言えよう。YouTubeやライブなどではMCを担当しており、進行もお手の物。ジャニーズJr.チャンネルにアップされている「【滝沢歌舞伎ZERO裏側】京都南座の舞台裏お見せします!」では、「深澤のMCないと安定しないな」と渡辺翔太が言うなど、トークに関してもメンバーから頼りにされていることがわかる。

   最近では、他のメンバーに進行を任せることも出てきており、その際は三枚目に徹して盛り上げ役を買って出ることも。Snow Man公式YouTubeチャンネルにアップされている「Snow Man『君の彼氏になりたい。』振り付け講座」や「メンバーがD.D.の振付を教えに行く企画(深澤・宮舘・ラウール 編)」でも、ふとした瞬間におどけて見せるその様子がわかるのでぜひチェックしてみてほしい。Snow Manというグループの良いところの一つは、こうした深澤のボケに対して全員が平和にツッコむところだ。相手を傷つける言葉を使わないため、不快な気持ちになることもないのが良い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中