2021年 1月 20日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
1月6日を前に緊張高まる首都ワシントン

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   「トランプが支持者に集まれと呼びかけたのは、『この国のために戦え』ということもしれない。身の危険もあるし、万が一のために僕も銃を持っていく」――。今回の大統領選に対する2021年1月6日の大規模な抗議集会の前々日、トランプ支持者の男性はそう語った。

   取材のために私がワシントン入りすることを知った民主党支持者の友人たちは、「危ないから、行くのはやめて」と身の危険を案じて、何度も引き留めた。トランプ支持者がよく利用するホテルは、この期間の予約をすべてキャンセルし、休業する。

  • 大統領投票日直後にワシントンで行われたトランプ支持者大規模集会。2021年1月6日の抗議集会はどうなるのか(2020年11月、筆者撮影)
    大統領投票日直後にワシントンで行われたトランプ支持者大規模集会。2021年1月6日の抗議集会はどうなるのか(2020年11月、筆者撮影)
  • 大統領投票日直後にワシントンで行われたトランプ支持者大規模集会。2021年1月6日の抗議集会はどうなるのか(2020年11月、筆者撮影)

大統領が呼びかけた大規模抗議集会

   このトランプ支持者のダニーに私は、ニューヨーク市内で行われた新型コロナウイルス感染で経営難に直面するレストラン関係者の抗議デモで出会った。彼は集会の前日朝6時の列車でワシントンに向かうという。

   そのデモでダニーと私の会話に参加してきた黒人のジョーイが昨年暮れに、「みんなでこれに行くんだ」と、1月6日のワシントンでの抗議集会「MARCH for TRUMP」の情報を私に送ってきた。

   そこには、「BE THERE, WILL BE WILD(参加を。ワイルドになるだろう)」と書かれている。これはトランプ大統領が2020年12月19日にツイートした言葉だ。

   2020年12月14日、米大統領選をめぐって各州で選挙人による投票が行われ、バイデン氏が306人、トランプ氏が232人を獲得。バイデンの勝利が事実上確定したと各メディアは報じた。

   1月6日には米連邦議会の上下両院合同会議で選挙人投票の結果を正式に確認する手続きが行われる。通常なら形式的に承認されるが、今回はテッド・クルーズ氏(共和党、テキサス州選出)を含む11人の共和党上院議員が、「論争になっている州の選挙人の投票結果に異議を唱える票を投じる意向を明らかにした。抗議集会はこの日を狙って開かれる。

   クルーズ氏らは、10日間の緊急監査を実施する特別委員会の創設を求めるとし、州の合計票数が修正される可能性もあるとされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中