2021年 6月 18日 (金)

なぜ「鼻出しマスク」受験生は試験官の注意を無視したのか 入試センターに聞いた現場の状況

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   初めて行われた大学入学共通テストで、鼻出しマスクで再三注意を受けて失格となった受験生は、大学入試センターによると、「従いたくない」と強硬に試験監督の指示を拒否していた。

   その指示に抵抗して、スマホで試験監督を動画に撮っていたというツイッター上の情報もあった。受験生は、なぜそこまで頑なだったのだろうか。

  • 「正しく着用」を呼びかけたが…(写真はイメージ)
    「正しく着用」を呼びかけたが…(写真はイメージ)
  • 「正しく着用」を呼びかけたが…(写真はイメージ)

「次に注意された段階で無効になる」試験監督が警告するも...

「不正行為とみなしたのは、あくまでも監督者の指示に従わなかったからです。その認定については、問題があったとは認識していません」

   大学入試センターの総務課は2021年1月18日、J-CASTニュースの取材にこう説明した。

   共通テストの「受験上の注意」には、「試験場内では、常にマスクを正しく着用」と書いてある。総務課では、「正しく着用」について、「厚労省と同じ認識です」とした。同省サイトでは、「国民の皆さまへ」として、「鼻と口の両方を確実に覆う」と正しいマスクの着用をイラストで説明している。

   センターによると、今回失格となった受験生は、テスト1日目の16日、東京都内の会場で、最初から鼻を出したままマスクを着けて試験を受けていた。科目ごとに試験監督が注意したが従わず、6回目で「次に注意された段階で無効になる」と告げた。しかし、受験生は、7回目も従わず、不正行為と認定された。英語の試験途中で、退室を求められたそうだ。

「理由については、本人からの発言は特段なく、『従いたくない』という意味合いを言っていたと聞いています」(総務課)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中