2021年 2月 28日 (日)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
「さようなら、大統領」最後の演説への支持者の思い

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「あなたたちの大統領を務めたことは、言葉では言い尽くせないほどの名誉です。この特権をありがとう」。夕日に光り輝く米連邦議会議事堂を前に、1人の男性が携帯電話を手に一心に耳を傾けていたのは、トランプ大統領の「国民への別れのメッセージ」だった。

   トランプ氏が大統領の任期を終える前日(2021年1月19日)、支持者たちは何を思っていたのか。

   この連載の前回、前々回では、大統領就任式に向けて厳戒態勢が敷かれるワシントンから、民主党支持者が圧倒的に多い地元の人たちの声、そして最後まで「反トランプ」デモを続ける左派アンティファなどの声を紹介した。今回は、トランプ大統領が任期を終えるにあたり、支持者たちの思いを伝える。

  • バイデン大統領就任式を前にワシントンを警備するシークレットサービスたち(2021年1月、筆者撮影)
    バイデン大統領就任式を前にワシントンを警備するシークレットサービスたち(2021年1月、筆者撮影)
  • バイデン大統領就任式を前にワシントンを警備するシークレットサービスたち(2021年1月、筆者撮影)

米国時間1月20日正午に退任

   1月6日の米連邦議会議事堂乱入事件後、ワシントンでは議事堂周辺を中心に厳戒態勢が強化され、日に日に立ち入り禁止の区域が広がっていった。今、議会議事堂が見える場所は、ごく一部に限られている。

   トランプ氏は、ジョー・バイデン大統領就任式が執り行われる2021年1月20日の正午(米国時間)をもって、大統領の座から退くことになる。

   男女4人のクリスチャンが、議事堂を背に声をあげている。

   その中の1人フィリピン系アメリカ人女性ルースが、「私たちはブラック・ライブズ・マター(BLM)の人たちのために、そしてバイデン大統領のために祈ります」

   するとそこへ、聞いていた女性が飛び入りし、「バイデンは『アメリカ人の魂を取り戻す(restore the soul of America)』と発言したけれど、そうではなくて、バイデンは『魂を破壊する』のよ」と言い放った。

   ルースが「私たちは今、バイデン氏と闘っているのではないの」と女性をたしなめる。

   今度は、アフリカ系アメリカ人女性のタンドラが訴える。

「今、アメリカは危機に面しています。共和党と民主党は互いに相手を非難し、争っています。どっち側につくかではなく、アメリカ人として1つにならなければ。
皮膚の色が何であろうと関係ない。私たちは皆、アメリカ人です。皮膚の色の違いではなく、アメリカのよさに目を向けましょう。分断している家は、立っていることができません」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中