2021年 2月 26日 (金)

田中将大、日本復帰ならどれだけやれる? 実力は十分だけど...元楽天ヘッドが指摘する「不安要素」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   メジャーリーグのヤンキースからFAになっている田中将大投手(32)の去就に注目が集まっている。現在メジャーの数球団が移籍先候補に挙がっており、日本では古巣・楽天がラブコールを送っている。田中の日本復帰はあるのか。そして復帰したらどれだけの成績を残せるのだろうか。

   J-CASTニュース編集部は、田中が楽天時代にヘッドコーチを務めていた橋上秀樹氏(55)に分析してもらった。

  • 田中将大(2016年撮影)
    田中将大(2016年撮影)
  • 田中将大(2016年撮影)

「プラス材料として考えられるのがボールです」

「田中投手が日本に復帰した場合、プラス材料として考えられるのがボールです。おそらくメジャーのボールよりも日本のボールのようがしっくりくるでしょうし、戻ってきてもスムーズにいくと思います。ストライクゾーンに関してはそれほどナーバスに考えるほどではないでしょう。ボールが扱いやすいはずなので自分の投げやすいところにいくでしょうし、そこまで日米の違いに戸惑うことはないと思います」(橋上氏)

   楽天時代はエースとしてチームをけん引し、ヤンキース移籍後も輝かしい実績を残している田中。橋上氏は田中が日本に復帰しても2ケタ勝利をマークする力は十分にあると指摘した上で、いくつかの不安要素に言及した。

「メジャーから戻ってきた投手に対して、とくに先発に関しては使う側は慎重になるでしょう。メジャーの先発は100球をメドに代わりますので、そこに関しては神経を使うと思います。それなりの金額で呼ぶのでしょうから故障させてはいけないと考えるでしょうし、色々なことに気を使わなくてはならない。本人はメジャーの調整法に慣れてしまっているでしょうから、そのあたりも気になります」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中