2021年 6月 15日 (火)

緒方恵美、タクシーでの恐怖体験明かす 危険すぎるドライビングに「運転手さん。もしや...」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「タクシーカードをとるべきだったかと少し後悔」。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の碇シンジ役などで知られる声優の緒方恵美さんが2021年1月22日、タクシーで肝を冷やすような体験をしたとツイッターで明かした。

  • (画像は緒方恵美さんの公式サイトより)
    (画像は緒方恵美さんの公式サイトより)
  • (画像は緒方恵美さんの公式サイトより)

「もしや耳が遠いだけではない...?」

   ツイートによれば、緒方さんがタクシーに乗り込むと、「耳が遠いので大声で」という札が掲げられていたという。耳が遠いのだと思った緒方さんは、大きな声で行き先を告げる。しかしタクシーは、しばらく走ると道を外れ始めた。

   緒方さんが指摘するも、左折のみの道で右折しようとしたり、一方通行の道でUターンを試みたりと危険な運転が行われたという。さらにUターンを強行したタクシーは、危うく後続車と接触しかけたという。ここで緒方さんは気づく。

「もしや耳が遠いだけではない...?」

   なんとかスタジオにはたどり着いたものの、非常に焦ったと振り返る緒方さん。

「同乗のマネージャーと共に何度も『いやいやいや!』と叫んでしまった。こんなことは初めて。とりあえずなんとか指示してスタジオにはつけたけど、、、」

   そして、運転手のためにも、タクシー会社のためにも、他の客のためにも、「変な意味じゃなくタクシーカードをとるべきだったか」と少し後悔したとツイートした。

   タクシーカードとは、タクシー会社がサービス改善を目的として運転席の後ろに設置するカードのことだ。「エコーカード」とも呼ばれ、一部の会社で導入されている。

   ファンからは、「めちゃくちゃ怖いですね」、「ご無事でよかったです」といったコメントが寄せられた。また領収書をもとにそのタクシー会社に伝えてみてはどうか、各地域のタクシーセンターに相談してみてはどうかといった声も寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中