2021年 3月 5日 (金)

ROLAND、ホスト「東城誠」時代の苦悩 「女は金だ」からの卒業と改名の関係

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「ホストの帝王」として知られる「ROLAND」さんが、自身のYouTubeチャンネルでホスト名の由来を明かした。

  • ROLANDさん(2019年撮影)は、なぜ「ROLAND」になった?
    ROLANDさん(2019年撮影)は、なぜ「ROLAND」になった?
  • ROLANDさん(2019年撮影)は、なぜ「ROLAND」になった?

「ロミオ」「ヴィヴァルディ」「ラベル」の候補も......

   ローランドさんは2017年、それまで使っていた『東城誠』から『ROLAND』へと改名している。これまで、名前の由来や改名の理由について問われてもはぐらかしてきたというローランドさん。

   2021年1月27日に公開したYouTube動画では、ローランドさんが『東城誠』時代は「女の子を幸せにできたこともありますけど、できなかったことも沢山あった」と告白。客である女性たちに「『好き』って感情はなくても『お前のこと大好きだよ』」と伝えるなど、ホストとしての仕事ではあるものの「色恋営業」をしている状況に葛藤があったと語った。

   『東城誠』としての営業スタイルについて「悪名は無名に勝るだと思ってた」として、客を「お前ら」と呼んだり、「金持って集合」と呼びかけたりするなど、派手なパフォーマンスをしていたという。実際に、当時のホストTV(ホストクラブ動画などを更新する動画サイト)では、「俺がこんなに指名を呼べるのは、俺の顔がカッコイイから」などと発言していた。

   しかし、次第に「年々やっていくうちにすごく自分のことが嫌いになって」いったローランドさんは、すでに売れっ子ホストとして知られていた名前を捨てることでブランディングを変え、「『女は金だ』そういう営業方法から卒業したかった」自分の理想とするホストを目指すことにしたという。

   新たな名前の候補は「違う名前ならなんでもよかった」ため、漫画『夜王』に登場するホストクラブからとった「ロミオ」、『帝一の國』の登場人物「氷室ローランド」、ラベル、ヴィヴァルディなどがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中