2021年 6月 13日 (日)

日本製鉄「異例TOB」に滲む「OBへのプレッシャー」 売上高「100分の1」の東京製綱になぜ躍起

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   国内最大手の鉄鋼メーカーである日本製鉄が、エレベーターなどに使うワイヤロープの製造で国内トップの東京製綱に対して始めた株式公開買い付け(TOB)が株式市場で波紋を広げている。東京製綱から事前の同意を得ていないだけではなく、TOBによって持ち株比率を現在の9.9%から19.9%に引き上げて経営への関与を強める理由として、ガバナンス(企業統治)不全を挙げ、新日本製鉄(現・日本製鉄)出身の会長の長期在任を問題視している。両社の間に一体何が起きているのか。

  • 日本製鉄の公式サイトより
    日本製鉄の公式サイトより
  • 日本製鉄の公式サイトより

「ガバナンス体制の機能不全」と田中重人会長の存在

   日本製鉄は2021年1月21日に開いた取締役会で東京製綱へのTOBを決議して、同日午後3時に開示した。買い付け価格は、最近の株価に5割程度上乗せした1株当たり1500円で、計約24億円を投じる。期間は翌22日から3月8日。これに対して東京製綱は4時間半後の午後7時半になって、TOBが「当社に対して何らの連絡もなく一方的かつ突然に行われた」と不快感を表明する文書を開示。27日には株主に向けては慎重な行動を求めた。日本の大手企業が相手の同意を得ずにTOBに踏み切るのは異例だ。

   日本製鉄のルーツの一つである富士製鉄は東京製綱と古くから取引があり、1970年1月に富士製鉄が東京製綱に資本参加している。同年3月には八幡製鉄と富士製鉄が合併して新日鉄が発足。新日鉄が住友金属工業との経営統合や社名変更を経て誕生した日本製鉄は、現在も東京製綱の大株主であり、東京製綱に材料を供給する立場にある。両社の関係は決して疎遠ではない。

   にもかかわらずTOBを事前通告しなかったのは、東京製綱に対する不信感が根強いからだろう。日本製鉄は「(東京製綱が)ガバナンス体制の機能不全等の経営上の問題を抱えているにもかかわらず、それらの問題に対する有効な対応策を講じず、継続して業績が悪化している状況をこれ以上看過することができない」とかなり強い不信感を示している。この「ガバナンス体制の機能不全」の要因として名指ししているのが、2001年から代表取締役に就いている田中重人会長だ。

   田中氏は1967年に富士製鉄に入り、新日鉄で取締役大阪支店長を勤めたのを最後に退任。2001年に東京製綱の副社長に転じて、翌2002年に社長就任。2010年から会長の座にある。この間、東京製綱を代表する立場の代表取締役をずっと務めている。一方、連結売上高の規模では100倍近く大きい日本製鉄では、橋本英二社長は1979年新日鉄入社、進藤孝生会長でも1973年新日鉄入社であり、両氏とも田中氏の「後輩」にあたる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中