2021年 4月 14日 (水)

田中将大獲得で楽天は「ソフトバンクの対抗馬」になる? 元ヘッドが期待する「チームへの波及効果」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   メジャーリーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)になっていた田中将大投手(32)の楽天入りが2021年1月28日、正式に決定した。13年以来の日本球界復帰となる田中に大きな期待が寄せられる。田中がチームに加入したことでどれほどの戦力アップが見込めるのか。そして王者ソフトバンクを倒してリーグ優勝は...。

   J-CASTニュース編集部は楽天でヘッドコーチを務めた橋上秀樹氏(55)に田中の加入がチームにもたらす効果について分析してもらった。

  • 田中将大(2016年撮影)
    田中将大(2016年撮影)
  • 田中将大(2016年撮影)

「投手陣にとって大きなプラスになると思います」

「田中選手の補強はチームにとって大きいが、田中選手ひとりの補強でソフトバンクをひっくり返せるかといえばそうはならないでしょう。戦力的にみてもソフトバンクを倒して優勝するというのはかなりハードルが高い。ただ、田中選手が加入することでチームにいい意味での波及効果があり、ソフトバンクとの力の差を縮められる可能性は十分あると思います」(橋上氏)

   橋上氏は田中がチームに加入することで投手陣に大きな影響を与えると指摘する。なかでも則本昂大投手(30)にとって田中の存在は大きなものになるという。

「投手陣にとって大きなプラスになると思います。則本選手に関して言えば、田中選手が加入することで頼れる部分が出来ると思うし、自分のなかで安心感が出ると思います。色々と相談しやすいはず。昨シーズン、則本選手は期待に応えられませんでした。松井選手もそうでした。彼らが本来の力を発揮すればソフトバンクの対抗馬の一番手になることは間違いない。田中選手の波及効果で期待出来ると思います」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中