2021年 4月 12日 (月)

前田敦子「離婚秒読み」報道で思い出される、元AKB「神7」メンバーの現在地

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の勝地涼さん(34)と前田敦子さん(29)について、2人が「離婚秒読み」の状態であるとする報道が相次いでいる。2021年1月30日に「サンケイスポーツ」が、双方が弁護士を立てて離婚協議を進めていると伝えた。これを受け、各メディアが後追い報道を行うなど、2人をめぐる報道が過熱している。

   これらの報道をめぐっては、18年7月30日に2人が結婚してからわずか2年半で2人が離婚を希望しているという状況から、双方のファンがなぜ2人は結婚したのかを疑問視する声などさまざまな声が上がる事態となっている。その一方で、「へーっ、離婚の危機になってるんだ。かつてのAKBエースに受難の日々が...」と、前田さんの過去を振り返りつつ、今回の騒動を眺める声も上がっているのだ。

  • 前田敦子さん(2013年撮影)
    前田敦子さん(2013年撮影)
  • 前田敦子さん(2013年撮影)

「元・神7では初めてになるんかな~」

   前田さんといえば、05年12月に発足したAKB48の1期生であり、12年8月の卒業までたびたびセンターを務めてきたことで知られる、まさに、AKBの絶対エース。そして、それに次ぐ存在として「神7」と呼ばれるメンバーがいたことも記憶に新しい。気付けばその「神7」も、今や前田さんのように既婚者が珍しくないのだ。

   「神7」とは、前田さん、大島優子さん(32)、篠田麻里子さん(34)、高橋みなみさん(29)、板野友美さん(29)、小嶋陽菜さん(32)、そして、2020年に芸能界を引退した渡辺麻友さん(26)の7人を指す言葉だ。名称の語源は、AKB48総選挙の2009年と2010年において、この7人が順位こそ変われど1位から7位までにランクインし、同一のメンバーが1位から7位までを締めたところに由来するとされる。

   その中で結婚1番乗りを果たしたのは前田さんだったことから、ツイッター上では「前田敦子 離婚協議ってなってるけど元・神7では初めてになるんかな~」といった声も上がるなどしている。

「でも今が幸せならいい」

   そのほかの「神7」メンバーの「現在地」を見てみると、前田さんの後、神7の中で結婚したのは2019年2月に篠田さん、同年5月に高橋さん、そして、2021年1月に板野さんが結婚し、現在は「神7」の過半数が既婚者という状況だ。一方の大島さん、小嶋さんは未婚の状態で芸能活動を継続。そして、渡辺さんに関しては、芸能界を引退してしまったため不明な状況となっている。

   これら、前田さんが「離婚秒読み」と報じられる一方で、篠田さん、高橋さん、板野さんにはそのような報道は絶無と言って良い状況であり、さらに、その3人の中では篠田さんが出産を経験しているほか、板野さんはまだ結婚から1カ月しかたっていないなど、その「現在地」はまさに「7者7様」の状況。このため、ツイッター上には「でも今が幸せならいい。#前田敦子」と、仮に離婚という結果が出たとしても、本人が選んだ道であれば問題ないとする声も上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中