2021年 5月 12日 (水)

NHK「おちょやん」でも変わらぬオーラ 宝塚元トップスター・明日海りお「現役時代」の伝説を振り返る

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   NHK朝ドラ「おちょやん」で2021年2月1日に初出演したのが元宝塚歌劇団花組トップスターの明日海りおさんだ。東京の新劇の名門・花菱団出身のトップ女優・高峰ルリ子の役で出演する。

   宝塚時代には絶大な人気を得た明日海さんの存在感は「おちょやん」の高峰ルリ子役でも衰えずオーラを放っている。

  • 「おちょやん」ツイッターアカウントでも拡散された明日海さん出演シーン
    「おちょやん」ツイッターアカウントでも拡散された明日海さん出演シーン
  • 「おちょやん」ツイッターアカウントでも拡散された明日海さん出演シーン

トップ在任5年、「ポーの一族」は再演果たす

   明日海さんは2003年に入団し月組に配属。2012年~13年に月組トップスターの龍真咲さんとの役替わりで「ロミオとジュリエット」「ベルサイユのばら」で宝塚大劇場本公演で初めて主演格の役を演じる。

   2013年に花組へ異動すると、劇団創立100周年の翌14年に花組トップスターに就任する。お披露目作品の「エリザベート」以降、花組トップ在任は約5年に及び、2019年に「A Fairy Tale ―青い薔薇の精―/シャルム!」で退団するまで、100周年から105周年までの宝塚を牽引した。

   通常トップスターの任期は2~3年前後だが明日海さんの任期は5年、その間に劇団初の公演として舞浜アンフィシアターでのショーステージ「Delight Holiday」(2018年)、横浜アリーナでのコンサート「恋するARENA」(2019年)も明日海さん主演で成功に導いた。

   演技力に加えてステージ上で醸し出す存在感なども評価されていた明日海さんの代表作の一つが「ポーの一族」(2018年)だ。原作の萩尾望都さんは「心臓がバクバク......」とビジュアルを絶賛、本作の舞台化を長年夢見ていた演出家の小池修一郎さんをして「(主人公の)エドガーがいた」と言わしめるほどのであり、19年11月の退団後も、2021年に明日海さん主演で再演されたほどである。

   「ベルサイユのばら」「エリザベート」など劇団伝統の人気演目で主演を任され、また「ポーの一族」のように新作でも着実に劇団とファンの期待に応え続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中