2021年 5月 15日 (土)

「麒麟がくる」本能寺の変が「シン・ゴジラ」に似てる?! 視聴者が思わずダブらせた長谷川博己の演技

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   異例の越年放送となったNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回が、2021年2月7日に放送された。最終回に対しては「麒麟がくる 最高に良かったなぁ」といった声がネット上に続々と上がっているが、併せて、そのクライマックスシーンに「麒麟がくる最終回観ながらシンゴジラ思い出してた」といった声が上がっているのだ。

  • NHKのサイトから
    NHKのサイトから
  • NHKのサイトから

「信長を遠くから見る光秀、これ、『シン・ゴジラ』と同じ構図やね」

   当該の声が上がったのは、番組終盤の本能寺の変を描いたシーン。織田信長(染谷将太さん=28)を討つべく、俳優の長谷川博己さん(43)演じる明智光秀が本能寺の門の前に到着すると、足軽たちは次々と中に突入。その一方で、家臣を従えつつ光秀は敷地内には討ち入らず、気迫を漂わせながら戦況を見守っていた。やがて、敷地内から火の手が上がり、信長の自害が示唆されると、光秀は静かに勝利に打ち震えたのだったが、このシーンに対し、上記のもののほかにも、「信長を遠くから見る光秀、これ、『シン・ゴジラ』と同じ構図やね」といった声が上がっているのだ。

   映画「シン・ゴジラ」といえば、2016年に公開された長谷川さん主演作品。そこで、これらの声の通り、「麒麟がくる」のクライマックスシーンを彷彿させるシーンがあるかどうか探してみると、確かに、そのようにも見えるシーンがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中