2021年 6月 24日 (木)

「あざといよりタチ悪い」「嫌いになれない」 「ボス恋」倉科カナの恋敵化?に視聴者複雑

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優・上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)の第6話が2021年2月16日に放送された。「恋の五角関係」が始動した今回、主人公にとってライバル的存在で、俳優・倉科カナさん演じる理緒の「やり手」具合が話題になっている。

  • 倉科カナさん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
    倉科カナさん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
  • 倉科カナさん(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

老若男女に好かれる「サバサバ系女子」こと理緒

   「ボス恋」はファッション誌編集部を舞台に、地方育ちの垢抜けない新入社員・鈴木奈未(上白石さん)が、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に、そして恋に全力で突っ走るラブコメディー。

   前回、潤之介(「Kis-My-Ft2」玉森裕太さん)がかつて想いを寄せていた相手が、親身に恋愛相談に乗ってくれていた理緒であると知ってしまい、奈未は激しく動揺した。第6話では、奈未は潤之介との関係を理緒に隠そうとするが、突然理緒から「潤ちゃんでしょ。奈未ちゃんの恋の相手」「私応援するから」と既にお見通しな上、まさかの味方に。

   理緒との関係が気になる奈未が2人の関係を問いただすと、理緒は「付き合ってた。もう何年も前だよ」とあっけらかんと告白。さらに、潤之介とは親同士の付き合いで幼馴染であること、遠距離恋愛だったがバイオリンを優先するため別れを選んだことなど、これまでの経緯を自然体な様子で話す理緒に対し、奈未はホッとしつつも圧倒的スペックの差に「もしまだ潤之介さんに理緒さんへの思いがあったら...」と不安になるのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中